蓮音日記

~うたと旅のつづれ織り~

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-02-14 [ Sun ]
サンタフェは石を投げたらギャラリーかアーティストにあたりそうなほどアートに溢れたかわいい街だった。午前中はジョージアオキーフ美術館に入り浸り 午後からはターコイズブルーのドアと窓に引き込まれる様に写真を撮るのに夢中に。。扉の向こうにはどんな人 どんな暮らしがあるのかな~

夕方 シャトルバスでアルバカーキ空港へ向かう。明日は早朝のサンフランシスコ行きの便なので
夜の街の徘徊は控えて予約してた空港近くのモーテルの部屋でハンバーガをかじって早く就寝。

翌朝 ニューメキシコの赤い大地を後に サンフランシスコへ到着~
あ~いよいよ旅も今日が最後の一日。
この街の色んな国の文化、価値観が共存してるこの自由な空気、やっぱり好きだな~

主な観光名所は前にひととおり行ったことあるので 生活感のあるところを覗いてみたいと
めあての場所へバスを乗り継いで目指すものの 超方向音痴の私、逆の方向にいってしまうのは日常茶飯事。。

サンフランシスコといえば坂の街、高いところから見渡す眺め。
坂の町

ここは一発で辿り着けた笑 おなじみのゴールデンゲートブリッジ
DSCF5378.jpg


フォートメイソンというところにあるお気に入りの公園の芝生でお昼寝。
この近くのとっても居心地のよい フィッシャーマンズYHに滞在した時の思い出が蘇ってきて
心がちょっとわさわさした。今振り返るとあの頃はほんと病んでいたな~
バラバラに壊れた心をひっさげて日本を逃げ出すようにして遥遥ここまでやってきてしまったのだった。
自己否定の塊みたいになってたあの頃よりも、少しは あるがままの自分を受け入れて愛することが
できるようになった。 カメの一歩かもしれないけど、ちょっとずつ前に進んでるかな


フォートメイソン


お昼ね




この最後の夜と『サンフランシスコ写経の会』がピッタリ合って参加させてもらえたのも
ありがたい天からの贈り物。サンフランシスコ在住の女性僧侶 英月さんが月一回 主催されていてる。

以前 もう少し現代人の感性に合ったお説法をしてくれる おもしろいお坊さんにお寺に
法話に来てもらいたいなあ と思っていた頃 わかりやすい言葉で だけど心に響く
そんな仏教のABCを説かれている英月さんのブログを発見して その中で
サンフランシスコ写経の会のことを知った。

英月さん 実際にお会いしたらモデルさんのように背が高くて美しいとっても素敵な方!
アットホームな雰囲気の中 最初に皆で仏説無量寿経の一部である『三誓偈』を読経。
海を渡ったお経は ポップでアメリカ風にアレンジされていた。なんか新鮮で楽しい~♪
そして英月さんのご法話。ちゃんとレジュメまで用意して下さって熱がこもっている~

墨を磨ったのも久しぶり。とても静寂な時間が流れていた。
自分の内と向き合える 心落ち着くひとときだった。こんな自由で楽しい写経は初めて。
正信偈の一節を写経した他に 絵でも好きな言葉でも心に浮かぶまま筆を運んでいいなんて。。

私は真っ先にシャスタの神々しい姿が心に浮かんだ。絵心、全くないけど描きたくなってきた。
描いているうちにあったかいものが胸の中から込み上げてきて じぃーんとしてくる。。
この下手くそだけどシャスタの思い出の詰まった絵が 自分への何よりのお土産となった。

写経中 2

お隣りはサンフランシスコ在住の画家 西田マコさん 
日本で何回か偶然お会いしてて これまたアメリカで再会できたことの不思議さ。。
勝手に手が動き出すままに任せて描かれるマコさんの絵は宇宙の愛のエネルギーそのもの。
(帰国後にも大阪での個展に寄せてもらったけど 絵の前に立つとほんとにハートがじんじんあったかくなった!)


写経後 お茶やお菓子を頂きながら英月さんが出演されたテレビ番組『グッと!地球便』の
DVDをみんなで鑑賞。ちょうどシャスタへ行く直前にテレビで見てたけど又目頭が熱くなった。
お寺の嫁とお寺の娘さんでは立場は違うけど すごく共感するものを感じる。


グッと地球便

終わってから英月さんが食事に誘って下さり マコさんと男性の方と4人でタイレストランへ♪ 
やっぱりご飯は人と一緒に食べると美味しさが倍になるな~色々なお話をして楽しい最後の夜となった。



今 こうやって振り返ってみると この旅は不思議な縁の数珠繋ぎのような
出会うべく人に会いにいったような感じがします。ほんとに感謝の気持ちでいっぱい!

シャスタでもらった気づきは、、 なかなか言葉にできません。
愛の自給自足 という一言では けっして伝えきれないものがある気がして


今の気持ちに近いネイティブアメリカンの長老の心を揺さぶられた詩を最後に。。




「招 待」  
~ オライア・マウンテン・ドリーマー  (ネイティブアメリカンの長老)の詩 ~

あなたが生活のために何をしているかは、どうでもいいことです
私は、あなたが何に憧れ、
どんな夢に挑戦するのかを知りたいと思います

あなたが何歳かということも関係のないことです
あなたが、愛や夢や冒険のために、
どれだけ自分を賭けることができるのか知りたいのです

あなたがどの星座に生まれたかということもどうでもいいことです
あなたが本当に深い悲しみを知っているか、
人生の裏切りにさらされたことがあるか、
それによって傷つくのが怖いばかりに
心を閉ざしてしまっていないかを知りたいのです

あなたが自分のものであれ、人のものであれ、
痛みを無視したり、簡単に片づけたりせずに、
それを自分のものとして受け止めているかどうかを知りたいのです

また、喜びの時には、それが私のものであれ、あなたのものであれ、
心から夢中になって踊り、
恍惚感に身をゆだねることができるかを知りたいのです
気をつけろとか、現実的になれとか、
たいしたことはないさなどと言わずに

私は、あなたの話すことが本当かどうかには関心がありません
私はあなたが自分自身に正直であるためには、
他人を失望させることでさえ 
あえてできるかどうかを知りたいのです
たとえ裏切りだと責められても、自分自身の魂を裏切るよりは
その非難に耐えうる方を選ぶことができるかどうかを

たとえ不実だと言われても、
そんなときにあなたがどうするかによって、
あなたという人が信頼に値するかどうかを知りたいのです

私は、あなたが本当の美がわかるかを知りたいのです
それが見た目に美しく見えない時でも、
毎日そこから本当に美しいものを
人生に汲み上げることができるかどうかを

私は、あなたがたとえ失敗しても、
それを受け止めて共に生きることができるかどうか、
それでも湖の縁に立ち、
銀色の輝く満月に向かって"イエス"と叫ぶことができるかどうかを
知りたいのです

あなたがどこに住んでいるか、
どれだけお金があるかはどうでもいいことです
それよりも、あなたが悲しみと絶望に打ちひしがれ、
どんなに疲れ果てていても、また朝が来れば起き上がり、
子どもたちを食べさせるために
しなければならないことをするかどうかを知りたいのです

あなたが誰を知っているか、
あなたがどうしてここへ来たかは関係ありません
私とともに決して怯まずに 
炎の只中に立つことができるかどうかが知りたいのです

あなたがどこで、何を、誰と勉強したかはどうでもいいことです
私が知りたいのは、皆が見捨ててたった一人になったとき、
あなたの内側からあなたを支えるものは何かということです

私はあなたが自分自身としっかり向き合い、
その何もない時間の中にいる自分を
心から愛しているのかどうかを知りたいと思っているのです


スポンサーサイト
2010-02-03 [ Wed ]
チリ



ジョージア オキーフ     ミュージアム







白いお花




pink rose       rose_convert_20100202223403.jpg





魔女の館




 
      赤い実とドア アコマ壺




まどまど
                                



黄色い落ち葉




エル ファロール 


 かっこいい~!      キューバミュージシャン
 


 時計アーティスト 
 




カントリー兄ちゃん      露天商



ニューメキシコ!


2010-01-31 [ Sun ]
1月は不思議な月。バタバタとあっという間に過ぎるんだけど
お正月のことは随分と昔に思えたりするのは 私だけでしょうか?
あ 早く過ぎると感じるのはそういうことか。よくわからんようになってきた。
ま それはよいとして 旧暦のお正月を迎えるまでに旅日記を完成させてしまいたい!


サンタフェ2日目。今日はいよいよタオス&アビキューへ♪ 
朝 お散歩に外に出てみると光がキラキラ眩しい。
雲ひとつない青い空。気持ちいい~ 

9時におとつい予約したサンタフェの旅行会社、サンタフェ・ジャパンコネクションさんのガイドさんがホテルまで迎えに来てくれた。実は最初は人見知りしてしまう方なのだけど、『DJと呼んでください。よろしく!』人なつっこい笑顔の気さくな感じの方でほっとした。楽しい一日になりそうな予感。
 

朝 散歩してて気になったファーマーズマーケットにちょっと寄ってもらった。
カラフルなチリや野菜、お花が目に飛び込んできた。
異国の市場大好き。市場を見るとだいたいその国の雰囲気がつかめる。

朝市

行きたいところに連れてってもらえる贅沢なおひとり様ツアー
ニューメキシコ州にはネイティブアメリカンのプエブロ(集落)がたくさん点在している。
私が訪れたかったのは その中のひとつ、タオスプエブロ。
そして大好きな画家ジョージア・オキーフが愛し描いたアビキューの荒野を生で見たかった。

タオスへはサンタフェから北へ車で約3時間位。しばらく走ってるとこんな風景が現われてきた。
車の中はウェスタン、カントリーミュージック。DJも音楽と旅が大好きのようだ。
若い頃アメリカ中を旅して、このニューメキシコの大地に魅せられて移住してきたという。


荒野


また彼はカメラマンでもあった。色んなモデルさんを撮ってるようだ。
ホワイトサンズという白い砂漠と女性の神秘的な写真を見せてもらった。素敵…
いくらでも撮影してあげるよ~と。そしてポージングのお手本を見せてくれた。
さっすが~決まってます!


DJ ポーズ


タオスへ向かう途中で訪れたチマヨという村にあるかわいい教会。奇跡の砂と呼ばれる砂があり
体の悪いところにかけると病気が治ると信じられ 毎年多くの巡礼者が訪ずれる聖なる場所だそう。
DJが袋を用意してくれていたので少し頂くことに。 頭にふりかけてみようかな 

チマヨ教会③


タオスの街の入り口にあるサンフランシスコ・デ・アシスという教会。
青 白 サンドベージュのコントラスト 美しすぎる。。
サンタフェやタオス近郊の建物のほとんどが この日干し煉瓦のアドビ様式といわれる建築。
このなめらかなフォルムと土の質感、ハンドメイドな感じがたまらなく好み。

タオス教会

いよいよタオスプエブロへ~ 村の入り口へ到着。
が、、、、、
本日突然の閉鎖。 たまにあるらしい。 
あ~ ショック。。。会いたかった、、、 ネイティブの人達に。。


気をとりなおして タオスの街中のプラザ周辺でランチタイム。
ここもサンタフェ同様スペイン系移民によって作られた街。建物はやっぱりアドベスタイルでかわいい。

タオスの街


午後からはアビキュー&ゴーストランチへと。しばらくすると 
むきだしの乾いた赤い岩山が現われだした。ターコイズブルーの空と見事に溶け合っていく。


太古の地層



ここはアメリカの女流画家ジョージアオキーフがその美しさに魅せられニューヨークから移り住み、
亡くなる98歳まで創作活動に過ごした地。
オキーフといえば画面いっぱいの大きなお花や砂漠の動物の骨の絵が有名だけど
絵もさることながら 私は何よりも彼女のストイックな生き様に惹かれるものがある。

最初にオキーフへの興味の扉が開いた伝記絵本。『私、ジョージア』
どこまでも自分の内なる声に従い どこまでもまっすぐに 自分の感性を信じて
生涯を絵を描くことに捧げた孤高の画家。
自分は何をする為に生まれてきたのか 幼い頃から彼女はもう全てわかっていた。


私 ジョージア


アビキュー村のはずれにあるゴーストランチへ入る。
なるほど ゴーストというだけあって 人っこひとりいない。。

ひまわり

聴こえてくるのは鳥のさえずりと 吹き渡る風の音だけ。
遥か遠くまで見渡せる荒涼としたダイナミックな景観、
地の底から湧き出てくるような力強いエネルギーに圧倒される。

カメラマンによるポージングの指導を受けて(ひと昔前に一世風靡した写真集の)
宮沢りえちゃん風?ポーズにトライしてみた笑 ちっちゃいけど わかりますか?

りえポーズ


サボテンのダンス。

ゴーストランチ


水と緑に溢れたシャスタとは対照的だ。
シャスタが白い「天」に近いイメージとしたら
ここは赤、地球の底につながるような「地」というイメージ 

そんなことを感じながら アビキューを後にした。
明日はサンタフェの街をゆっくり味わってみよう。

つづく。
2010-01-24 [ Sun ]
翌朝、ホテルのシャトルバンでレディング空港へ。もう一番乗りに搭乗口へ並びました笑
今度は無事に乗れて 飛び立てました! 
シャスタよ、、 さようなら。。ありがとう~ お山の方角へ向かって思わず合掌。。

サンフランで乗り継ぎ時間を経て いよいよニューメキシコへ!
窓からの景色がだんだんと変化していき 雄大な赤い大地や山々が見えてきた。
わくわくドキドキ、、胸が高鳴る。
未知の場所へと向かう時 背中に翼が生えたような気分になる。

約2時間でニューメキシコの玄関口 アルバカーキへ到着。
スーツケースよ~ あった!よかった~ ちゃんと一晩 保管しててくれました。ほっ。。

空港から出てるシャトルバスを往復予約してサンタフェへ。約1時間の道のり。
乗る前にホテル名を告げると 予約したモーテル Santa Fe Plaza Travelodge前で
ちゃんと降ろしてもらえた。

チェックインを済ませたら日が暮れてきた。一日かけてカリフォルニアの北の端から
メキシコに隣接する州まで移動したので 身体はかなりお疲れモード。でも心は踊っていた♪
そーいえば昨日からろくなもの食べてないなあ。。美味しいもの 食べた~い!
素敵なレストラン探しに街へくり出すことにした。

サンタフェはニューヨークに次ぐアートの街。プラザと呼ばれる中心街の方に歩いていくと
たくさんのギャラリーや美術館、オシャレなお店がいーっぱい。
あさって ゆっくり散策してみよう。

そーいえば しばらく音楽を聴いてないので なんだか無償に恋しくなってきた。
ライブのあるようなレストランないかな~と物色してると、、、
かわいいピンクの土壁の素敵なレストランをを発見。しかも中からラテンっぽい音楽が聴こえてくるよ~!
『The Pink Adobe』 ここに決定♪

サンタフェ地ビールとジプシースープとやらをオーダー。チリが利いててスパイシーで美味しい~!

ジプシースープ

ライブはキューバ音楽だった!演奏レベル高い。本物だ。
ちょうど帰国後は高槻の南風楽天さんでラテンバンドさんとの対バンライブを控えていて すごくタイムリー♪

だんだん盛り上がってきて踊りだす人も。ファンキーに踊り狂う白髪マダムと目が合ってしまう。
怪しい微笑を浮かべながら私の方へ近づいてくる。そしてさりげなく両手をとられてしまい
踊りの輪の中へ連れて行かれた。。サルサやソンとは程遠い 怪しいオリジナルダンスを2人で踊る。
知ってる曲もあって 思わず歌ってしまう♪ あ~ かなり酔っぱらってる、私。
でも 楽しい~嬉しい~!久しぶりの生の音楽♪♪ やっぱり音楽がないと生きていけない私。

musicdance!.jpg
» READ MORE...
2010-01-23 [ Sat ]
今年の目標の一つ 『週一ブログ更新』  
書きたいことは色々あるけど これがなかなか。。

そういえば シャスタの旅日記が途中だったことに気づいたので
続きを書くことにします。(旧暦のお正月を迎える前に。。)




とうとうシャスタを旅立つ日。後ろ髪引かれる想い。。
お世話になったストーニ-ブルックインの弘美さんと伸さん。
たまたまゲストが私しかいないこともあり ごはんをごご一緒してもらったり
色んなお話するうちに すっかり打ち解けて、まるで昔から知ってるような気がした。


帰ってきたい場所がまたひとつ。
ここは テンプルだった。
ただただ ありがとう です。。

hiromishin.jpg



シャスタ最寄の空港レディングまで車で送ってもらい チェックインも無事済ませました。

有効期限間近の無料マイレージがまだ余っていたので この日いっきにニューメキシコ州の
アルバカーキに飛び、さらにバスでサンタフェへ夜に入るとういう強行スケジュールを
企ててたんですが、

とんだハプニングが待っててくれてました。

手荷物検査が終わったところで ユナイテッド航空のお姉さんが一言

 『Left!!』


つまり 飛行機、、、乗れなかったんです。

呆然。。。。え ええええ~っ!!
そして 自分のおマヌケさに凹みました。

でも、後からよ~く考えると(帰国後 友達に状況話してみても)
ど~も私のミスではなかったような気がするのです。。(経緯は長くなるので省略しますが)
こういう時は英語で説明できなくても 関西弁で怒ってまくし立てるように!と
友人からアドバイスもらいました。
次回 機会があれば 試してみます。(たぶん小心者だし無理だけど。。)


次の便に希望を託して ユナイテッドのカウンターにかけつけるけど
お昼休み? 誰もいない。。。
他のスタッフに尋ねても すぐ戻ってくるからちょっと待っててと。。

のんびりモードの小さな空港内で呆然と佇む。
しばらくして やっとカウンターに人の姿が!
でも、アルバカーキ行き便はもう明日しかないらしい。

う~む どうしよう。。普段はゆるい頭をフル回転。
シャスタに戻る? でも交通機関はここは車のみだし さっき涙のお別れしたばかり。。
帰りはサンフランシスコ経由。便あれば サンフラン行きに変更する? 
あ、、スーツケースはアルバカーキへ飛んじゃってたんや。今頃雲の上。。。

も~う これも ぜーんぶ 宇宙のおはからい、何かのご縁~。
開き直って 今日はこの見知らぬ小さな田舎町で ゆっくりしよーっと。

ということで カウンターで空港近くの一番安いホテルを探してもらう。
(安宿はどうもないみたいな感じだった)
だいぶ待って、ホテルのシャトルバスがお迎えに来てくれました。
 
チェックイン後 とりあえず今晩の最低必需品(洗面お風呂用具や下着など。。)
を買いにスーパーを探し歩く。車社会の国で歩きはどこも遠い。。。
アメリカのローカルスーパー 色々物色してたら けっこう面白かった。

そして てくてくホテルに戻って 
残り4日となってしまった これからの旅程を練り直しました。

ニューメキシコで訪れたかったところは サンタフェからさらに奥地のタオスとういう
ネイティブアメリカンの住む小さな町。ここ シャスタもネイティブの聖地。
彼らの教えは 現代人が忘れかけている大切な何かを思い出させてくれます。

自力でなんとかグレイハウンドバスでサンタフェからタオスへと向かう予定でしたが
どうも無謀な予感が。。旅の貴重な一日のロスは大きく響いてくる。。

日本を立つ前に控えていた サンタフェの旅行会社に電話してみることに。
タオス近郊を効率的に回れる一日ツアーがあいてるとのこと~
少々値が張るけど、、仕方がない。時は金なり。
一日ツアーガイドを頼むことにしました。

そして明日からのお宿もあちこち電話して
なんとかサンタフェの手頃価格のモーテルを予約完了。

一応 やるべきことを終えた安堵感。。
は~ 疲れた。。。

ちょっとゆっくり一息つきたくなって ホテルのプールサイドでビールを一杯。
(たまには こういう優雅な感じもいいじゃな~い)


今日のことは 一体なんだったんだろう。。
ひょっとしたら シャスタに心が残ってしまったから?
何かにひきとめられた?

ビールを片手に ふと そんなことを思っていた。


つづく。。

プールサイド

 | HOME |  »

2017-06

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

高野陽子(歌、ライアー、三線)

ケルトの国々や沖縄など様々な土地を訪れ、長い時を経て伝わる物語やメッセージを歌い継いでゆく‘旅する歌い人’。在学中よりバンドで歌い始め、1997年頃より演奏活動を始める。これまで数度に渡りアイルランド、スコットランドに長期滞在し伝統的な歌唱法を学ぶ。現地の教会やパブでの演奏も好評を得る。現在は様々な音楽ユニットやライアー(竪琴)や三線の弾き語りソロでも活動中。2010年1stCD「Leem」リリース。2015年関西ケルト/アイリッシュコンピCD「CELTSITTOLKE Vol.4」に参加。http://hasunooto.blog109.fc2.com/

1st CD 『Leem』発売中(全5曲¥1,200)


CD試聴

 Yoko Takano

Author: Yoko Takano
1.てぃんさぐぬ花 (沖縄民謡)2.Siuil a Run(アイルランド民謡)3.Down by the Sally Gardens ~Toss the Feathers ~Drowsy Maggie ( アイルランド民謡~舞曲)4.銀の笛 (スコットランド民謡 / 訳詞yoko) 5.凛 (詞・曲 / ハシケン)

演奏のご依頼やCD『Leem』のご注文 お問合せはtakanoyoko☆gmail.com(☆→@)又は下のメールフォームからお願いします♪



facebook

恋ぬ花 (沖縄民謡)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。