蓮音日記

~うたと旅のつづれ織り~

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-07-16 [ Tue ]
週末は茨木の山の上の真言宗のお寺へ
町田宗鳳先生の『風の集い』 


風の集い 看板


天平時代に行基菩薩が開いたという真龍寺さんの
立派な本堂で住職さん達による読経の後、
歌を奉納させて頂きました

sinryuji.jpg


その後 本坊で町田先生のお話。
禅宗の僧侶として厳しい修行を積まれ、その後お寺を飛び出して渡米…
ご自身の波乱万丈?な人生経験からくる
血肉の通った深いお話には いつも惹きこまれてしまいます。


2013713風の集い 法話



そして『ありがとう感謝念仏』に合わせて
タオライアー(竪琴)を演奏させて頂きました。
(朝日さんお写真ありがとうございます)

tao kazenotudoi713 トリミング


町田先生はこの『ありがとう瞑想法』を
声による潜在意識のクリーニングと仰ってます。

感謝の念と言霊で 心身に滞った不要なものが出ていき
曇ったレンズ(潜在意識)を磨くことで
目の前のスクリーン(現実)が変わってゆく。

みんなで唱える『ありがとう』の言霊の高周波音・・・
タオライアーの美しい響き、バイブレーション・・・

声と声が幾重にも重なり 響きあい 倍音の洪水に身をゆだねながら
無我夢中でタオを弾いてました。
(途中で雷と大雨にもぜんぜん気づかなかった…)


終わった後は身体はゆるゆる、心はスッキリ、顔はニコニコ。
(私はど真ん中で皆さんの倍音のシャワーを全身で浴びて 
身体がしばらく ぐわんぐわん回ってました・・・)


世話役の黒谷さんによる愉快なマジック・ショーでエンディング
そして参加者全員でシェアリング。 みなさん感じ方はひとそれぞれ 
風の集いは素敵なご縁を いつも運んできてくれる!
あ・り・が・と・う!!


黒谷さんby 朝日さん



浄化の雨の後の 山の上の澄み切った空の中
ありがとうの風が 吹き渡っていました







スポンサーサイト
2013-03-29 [ Fri ]
アメリカ カリフォルニア州の聖山シャスタの案内人 中山美穂さんと 早くも今年2回目
シャスタルアウを4月19日に大阪で開催することになりました。
私もライアーと歌でコラボレーションします♪
場所は私自身もシャスタから縁が繋がった 親愛なる友人のサロン
self care salon shanti(セルフケア・サロン・シャンティ)

今年はたくさんシャスタへのツアーもされますよ!
ピンときた方はお早目に~(ツアー日程は案内文の最後 ご参照)

シャスタ ブログ


以下 中山美穂さんのブログより
      ↓

「シャスタルアウ&歌とライアーでヒーリング♪ in 大阪」

4月19日(金)午後6時半~8時半
会費:2000円(お茶とお菓子付、シャスタ・エナジーフォト&シャスタからのギフト付)
場所:self care salon shanti(セルフケア・サロン・シャンティ)
 
大阪市城東区。 京阪野江駅または 地下鉄鶴見緑地線 蒲生4丁目駅 徒歩5分
※詳細の場所はお申し込みの方にご連絡します。
◎シャスタブックは希望者に販売します。
ご希望の方には会の後 シャンティサロン特製野菜カレー(800円)を
ご用意できますので申込みの際にその旨 お知らせください♪

お申込み:MIHOまで(shastamiho@hotmail.com)



◆Miho Nakayama(中山美穂)プロフィール◆
シャスタ大好き、シャスタ案内人、シャスタのメッセンジャー
2008年11月感謝祭にシャスタに導かれ、シャスタ通いが始まる。サンフランシスコ在
住時に2年間で20回、片道5時間かけて車で通いつめ、その後、シャスタへプチ移住。
シャスタ滞在日数は300日を超えました。

シャスタにいると、自然と一体になり自然に溶けていく、シャスタの愛の波動に包ま
れていると、自分の内側から揺さぶられ、本当の自分、ハートからの声を感じられ
る。そんな体験を通し、直感を信じられるようになり、自分らしく、本来の自分に還
る体験をしました。この自分の体験を通し、シャスタのすばらしさを伝えようと、た
だいま日本全国で「シャスタ・ルアウ」を開催中。2010年にはシャスタハンドブック
を出版し、一人でも多くの方が、シャスタの透明な気に触れ、シャスタの大自然を感
じてほしい!シャスタを訪れて本来の自分に気付いてほしい!癒されて、心に愛を流
して、愛で満たされてほしい!そんな思いで活動を続けています。

シャスタに通って住んで、シャスタの愛をいっぱい感じたMIHOがあなたのシャスタの
旅もサポートしています。
今の私があるのはシャスタとの出会いが大きく、私のスピリュアル・ジャーニーは
シャスタから始まりました。2011年にはスペイン巡礼路を歩き、フランス・ルルドや
ポルトガル・ファティマも訪れ、またまだ愛の学びは続いています。

シャスタに出会い、シャスタを通じてシャスタファミリーに出会い、シャスタの愛が
繋がっていく。シャスタの愛をたくさんの方に伝えていきたいと思っています。
お会いできるのを楽しみにしています。

☆☆☆

◆シャスタルアウとは?◆

トランスフォーメーションの真っ只中のシャスタで何が起きているか、私のリトリート体験をお話ししながら、シャスタの聖なるエネルギー、たくさんの愛を感じて頂きます。
2013年光り輝く時代は、分離していたエネルギーを統合へシフトの時。
みんなそれぞれの形や方法で愛を表現しています。歌や楽器、クッキング、アート、
私の場合はシャスタルアウです。
この日は、癒しの音楽とシャスタの愛の波動で、ゆったりリラックスされてください。
だんだん心も体も柔らかくなり、ハートが開いてきたら、あなたのハートにある愛が流れ出すことでしょう。
ハートからの言葉、是非みなさんでシェアリングしましょう。みんなに同じことが起きているかも知れません。
シャスタ山は5次元の愛が流れているといわれています。
ツィーンピークのシャスタ山は陰と陽のエネルギーが調和して統合のエネルギーです。
シャスタの聖なるエネルギーを感じにいらしてください。あなたの中にある愛を流していくきっかけになることでしょう。


~YOKOちゃんご紹介~
旅するうた人。
うた &ライアー(竪 琴)、ケルト音楽や沖縄の島唄などを中心に歌い奏でる。
様々な土地を訪れた出会いの中で 音楽で愛を分かち合う。
blog 『蓮音日記 ~うたと旅のづづれ織り~』 http://hasunooto.blog109.fc2.com/

シャスタでのエピソード・・・
2009年 初秋 シャスタ山を訪れ ストーニー・ブルックインに滞在し
ひとり静かに自分の内面と向き合う中で 深い気づきを得る。
あの時の深い体験は、言葉では表現できません、シャスタルアウでシェアリングします♪

MIHOとの出会いは、2010年のシャスタルアウ・大阪です。
お互い旅人の私たち、そして、今回寺女、修道女のストーリーもシンクロ。シャスタで繋がり、いつも、大阪で会うとボケとつっこみ、ボケの方多い、楽しい関係です。それもシャスタで繋がり愛で繋がってるからできること!シャスタで繋がり、愛を感じるとみんな家族なんですよね。ワンネス


是非、シャスタを感じに、
聖なるエネルギーを感じに、
楽しく、癒され、分かち合いましょう!

素敵な夜、一緒に過ごしましょう!

では、大阪でお会いするのを楽しみにしています!

☆☆☆☆


◆Mihoと行く2013年シャスタリトリート◆(レディング空港集合解散)

★夏至リトリート★
6月18日(火)~23日(日) 5泊6日 160,000円
2日延泊可能♪7泊8日 190,000円

★初夏&ラベンダーリトリート★
6月25日(火)~30日(日)5泊6日 160,000円 3日延泊可能♪
8泊9日 210,000円

☆7月2日からシャスタシティでフェスティバルが始まりますのでご案内します

★9月7日(土)~15日(日) 8泊9日 210,000円

★9月16日(月)~21日(土) 5泊6日 160,000円

4名までのミニツアーです♪
(参加者が1名の場合はプラス20,000円になります)


2013-01-02 [ Wed ]
幸先よいスタート! 連日更新です(笑)

アメリカ北カリフォルニアのマウント・シャスタをご存じでしょうか?
私は2009年の秋に初めて行きました。その時の旅行記はこちら

その時に滞在した ストーニー・ブルックインというB&Bの若女将、
シャスタ案内人の中山美穂さんが 大阪でシャスタの集いを開催されます

実はこの時 シャスタで出会った美しい静かな湖の写真は
私のファーストCD『Leem』のジャケットになってます♪

とても天然、自由人の旅人、美穂ちゃんとは私と同じ匂いがして(笑)
去年のシャスタ・ルアウ in 大阪で はじめて出会ったとは思えないほどすっかり意気投合。

2013年2/7~2/16 10days! 冬のシャスタ
究極のヒーリング・リトリートもオーガナイズされます♪


どうぞ ピンとこられた方はお早めに!
以下 美穂さんからのご案内文を転載させて頂きます。
     ↓



シャスタ ルアウ in 大阪

日時:2013年1月17日(木) 午後7時~9時 
場所:大阪肥後橋 ことだまサロン
参加費:2500円 (シャスタのティーと2013シャスタカレンダー付)

パワースポット「シャスタ山」をご紹介します。
アメリカ・北カリフォルニアに位置するシャスタ山は、世界第七聖山の一つと言われ、アメリカ先住民族が何千年も前から祈りを捧げる、五次元の愛が流れている所と言われています。

シャスタ山に関する観光、自然、気候、交通手段等をご紹介すると同時に、Mihoのシャスタ体験談をご紹介します。


image002.jpg


また、大阪のYokoさんが奏でるライアー(竪琴)とネイティブアメリカンのフルートのコラボレーション、音の饗宴もあります。五感でシャスタを感じていただきます。


シャスタの生情報をお知りになりたい方、また、今までシャスタにいらして様々な出会いや思い出をお持ちの方、ご自分の体験談を他の方々と シェアし、さらにハートに響く出会いを広めていきませんか? シャスタには、愛のエネルギーがあふれています。その愛をキーワードにしていく集いです。ご参加をお待ちしております!!

シャスタルアウ大阪は、シャスタ繋がり、音繋がり♪
1月17日は神戸震災の日でもありましたので、シャスタで癒され、ハートに響く、そしてお祈りの時間も持ちたいと思っています。シャスタで集い、音を感じ、ハートを開いて愛で繋がっていく、心の安らぎがあり優しい夜になったらいいなと思っています。

お目にかかるのを楽しみにしています。
まだ残席がございますので、シャスタが気になる方、ピンときた方は、是非いらしてください!


ご予約&お問い合わせ:Miho shastamiho@hotmail.com
または、 株式会社 ことだま 06-6443-9874 info@kotodama.ne.jp



*「シャスタ・ルアウ」とは・・・
シャスタの宿「ストーニーブルックイン」のゲートキーパ ーのスサナさんが、シャスタとハワイ島の気があまり にも似ているので、シャスタの集いを「シャスタ・ルア ウ」と名付け、シャスタで繋がる愛の集いの名称です。

*ルアウとは、ハワイの言葉で「パーティー」や「家族 の集まり」を指します。


Miho ~シャスタ案内人~ http://medicinelake.blog76.fc2.com/
シャスタ山をこよなく愛し、シャスタ山の案内 人。2008年11月にシャスタに導かれ2年間
で20回訪問、その後も含め約300日シャス タに滞在。2007年シャスタハンドブック出版。
2013年2月冬のシャスタ リトリート参加者募集中!

image005 大



荻野恵美子
株式会社ことだま 社長 http://kotodama.ne.jp/
2012年10月30日にシャスタ山に 導かれる。

kotodama.jpg


Yoko ~旅するうた人 ~ http://hasunooto.blog109.fc2.com/

(うた 沖縄三線 ライアー(竪 琴)etc..) ケルト音楽や沖縄の島 唄などを軸に世界を旅して
出会った音楽、各地に古くから伝わる物語や人々の想いを声に乗せて歌い継いでゆく。
様々なジャンル のミュージシャンと共演。

2012-03-10 [ Sat ]
今年もお参りさせてもらった天河大弁財天社 節分祭で
ご縁を頂いた大小田さくら子さんのワークショップを
仲間と開催します♪

◆◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◇◆

     3/14(水) 「やまとかたりの会」のご案内

◆◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◇◆

いにしえの時よりつながる日本の知恵ある言葉の世界「やまとかたり」。

大小田さくら子さんをお招きして、この度 大阪 の高津宮で
やまとことば、日本神話、呼吸法のワークショップ
「やまとかたりの会」を開催することとなりました。

古事記 の世界を 自らの”声”を通して体験してみませんか?


今年は「古事記」誕生1300年の時、自然のつながりの中にある
命の響きが聞こえるように、国を愛する心、日本の美しい言葉と
その力を感じながら心澄ませて、古事記「やまとかたり」を
詠み唱えてみましょう。  ― 大小田さくら子 ―


【と き】 2012年3月14日(水)

◎プログラム

 一、ご奉納 「やまとかたり あめつちのはじめ」 古事記詠唱 
    13時半~(15分) 
  
   ※ご奉納は本殿で行います。どなた様でも無料でご覧いただけます。

 二、「やまとかたりの会 一の巻」(15時〜16時半) 
     ・やまとことばを学ぶ
     ・音魂の呼吸法
     ・古事記原文を詠み唱えてみる

 三、「やまとかたりの会」二の巻 (18時〜19時半)
     ・古事記原文を詠み唱えてみる
     ・神話から学ぶ日本人の自然観
     ・言霊を感じるレクチャー  

【ところ】 高津宮 社務所内「「芙蓉」の間

【アクセス】  ・地下鉄「谷町九丁目」駅下車、2番出口より徒歩5分
        ・高津宮には駐車場はございません。お近くのコインパークをご利用下さい。
     地図:http://www.kouzu.or.jp/img/map.gif

【参加費】「やまとかたりの会」
      一回につき、2千円
      二回とも参加は3千円 

▼お申し込み&お問い合わせはメールにて▼
 Eagle Circle事務局 ec-jimukyoku☆ma-moon.net 
             (☆マークを@に換えて下さい)

※必ず 件名に「314参加希望」または「 お問い合わせ」とお書きの上、
 お名前、連絡先、参加人数、参加希望のやまとかたりの巻をお知らせください。


フライヤーはこちら(クリックすると大きく表示されます)


eagle_yamato小



2012-02-27 [ Mon ]
桜が咲き始める季節、お寺でユニークな集いを開催します。


「風の集い」~SOHO禅
       ありがとう・感謝念仏  

       ※町田先生によるお話と集まったみなさんでのシェアリングもあります

 4月1日(日) 午後2時~5時半頃(午後1時半 開場)

     於:栄照寺 本堂

    主宰:町田宗鳳(そうほう)先生
       (広島大学大学院総合科学研究科教授)

   参加料:一般 1500円  学生 1000円  予約不要

 
  「風の集い」では、「SOHO禅」を実践しますので、
  なるべくカジュアルな恰好で足を組みやすい柔らかなズボンを履いてきてください。



【町田宗鳳先生 プロフィール】
1950年京都市生まれ。幼少のおり、キリスト教会に通う時期もあったが、
ふとしたことから14歳で出家。以来20年間、京都の臨済宗大徳寺で修行。
34歳のとき寺を離れ、渡米。のちハーバード大学神学部で神学修士号
およびペンシルバニア大学東洋学部で博士号を得る。
研究分野は比較宗教学、比較文明論、生命倫理学。
日本、近年は海外でも「風の集い」および「健康断食」を定期的に開催している。

_MG_6333[1]


以下 町田宗鳳先生ののH.Pより一部 転載させて頂きます。

☆☆☆☆☆

みんなが気楽に集まって、気楽に語らえる場所、それが「風の集い」 です。体の具合が悪い人は、寝転がって下さっていてもいいのです。風のように来て、風のように去って行ってください。でも、素晴らしい仲間との出会いがあるかもしれません。


◆ありがとう感謝念仏◆

 声の力よって「アラヤ識の大掃除」をし、あらゆる不都合な現象の原因となっている「否定的記憶」を消去する働きがあります。透明な意識になってこそ、当たり前の生活を生きて、決して当たり前ではない喜びに満たされます。

 横隔膜呼吸を続行したまま、吐く時に「ア・リ・ガ・ト」の四音を大きな声で発声してもらいます。「ありがとう呼吸法」が準備体操になっているので、自分でも驚くほど、お腹の底から太い声が出るはずです。

 感謝念仏中は、合掌瞑目して、自分の魂・身体・家族・仕事など、感謝の対象を明確に定めます。これは内観療法を兼ねており、心のシコリを消すことになります。その時、やや顔を上に向け、自分が光に包まれていることをイメージしながら、朗々と、ほがらかに唱えます。

 「ア・リ・ガ・ト」の音は宗教や民族を超えた素晴らしい言霊であり、集団的な発声によって生じる高周波音には、癒しの効果があるため、念仏中に、しばしば自然に涙がこぼれてきます。楽器の音や歌声が聞こえてきたりすることもありますが、それも高周波音による現象です。

 他者の声を聞きながら、全体の和音を保つ気持ちが大切ですが、人と息継ぎを合わせる必要はなく、自分のペースで悠然と称えてください。それぞれに発声する「ア・リ・ガ・ト」の音が重なりあい、途切れなく常に響きわたるのが理想です。

 眼は半眼が原則ですが、閉じても開けても構いません。途中で眠気がさしたり、欠伸が出たりもしますが、それは身心の緊張が解けてきたためであり、そのまま暫く眠って、目覚めて後、集中してください。
 
 
 現代人の特徴は、心の奥底に理由なき不安を抱えていることです。その不安が不安な現象を呼び寄せることになります。不安な思いを消して、嬉しい気持ちを強めれば、嬉しい現象を呼び寄せることになります。ひと言でいえば、SOHO禅は幸運を呼ぶ瞑想法です。


☆☆☆☆☆☆




ところ:浄土真宗(西本願寺) 栄照寺

大阪市城東区今福南1-5-21 (屋上の鐘楼が目印です)

 ・地下鉄長堀鶴見緑地線 又は今里筋線 「蒲生4丁目」駅 ⑤番出口より徒歩約8分
 ・JR鴫野駅より徒歩約12分
 ・JR京橋駅より徒歩約20分

お問合せは メール: eisyouji★gmail.com(★⇒@へ変えてください)

※お車でお越しの際は 近くのコインパーキングをご利用願います

地図 リーフレット セブン入り (512x550)



 | HOME |  »

2017-06

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

高野陽子(歌、ライアー、三線)

ケルトの国々や沖縄など様々な土地を訪れ、長い時を経て伝わる物語やメッセージを歌い継いでゆく‘旅する歌い人’。在学中よりバンドで歌い始め、1997年頃より演奏活動を始める。これまで数度に渡りアイルランド、スコットランドに長期滞在し伝統的な歌唱法を学ぶ。現地の教会やパブでの演奏も好評を得る。現在は様々な音楽ユニットやライアー(竪琴)や三線の弾き語りソロでも活動中。2010年1stCD「Leem」リリース。2015年関西ケルト/アイリッシュコンピCD「CELTSITTOLKE Vol.4」に参加。http://hasunooto.blog109.fc2.com/

1st CD 『Leem』発売中(全5曲¥1,200)


CD試聴

 Yoko Takano

Author: Yoko Takano
1.てぃんさぐぬ花 (沖縄民謡)2.Siuil a Run(アイルランド民謡)3.Down by the Sally Gardens ~Toss the Feathers ~Drowsy Maggie ( アイルランド民謡~舞曲)4.銀の笛 (スコットランド民謡 / 訳詞yoko) 5.凛 (詞・曲 / ハシケン)

演奏のご依頼やCD『Leem』のご注文 お問合せはtakanoyoko☆gmail.com(☆→@)又は下のメールフォームからお願いします♪



facebook

恋ぬ花 (沖縄民謡)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。