蓮音日記

~うたと旅のつづれ織り~

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-12-15 [ Sat ]
ご無沙汰しているうちに 今年もあと2週間になってしまいました。
心が内向きになっている時は 外に向かって公に発信するブログは
エネルギーがたくさんいって なかなか書けなくなってしまいます。
(まだフェイスブックだと もう少し気が楽なのですが)

でも ラストスパートで えいやと!
よし アイルランドの旅日記は来年に持ち越しして 笑
ここ最近の出来事を少し。


先月のマイ・トップニュースは 私のもとに二人目の新しいライアー(竪琴)が
やってきたことです。タオ・ライアーといいます。
これは既に持っている 演奏用のクロマチック・ライアーとは趣が異なり
ちょっと風変りな外見と 素晴らしく豊かな倍音の響きを出します。

ライアー製作者アンドレアス・レーマン氏が考案した
ヒーリングや瞑想に特化した竪琴です。



tao in shanti


タオ・ライアーに初めて出会ったのは 3年前の生駒の山。
京田辺のスペース『癒しの森』の二宮美幸さんが主催する 
『癒しの音』のワークショップの第一回目に参加した時でした。


身体の上に直接タオを乗せてもらって 弾いてもらいました。
その繊細で不思議な美しい音のシャワーを全身で浴びたとき
私の体の細胞が瑞々しくなって とても喜んで 
心には懐かしいような あたたかいものが こみあげてきて
涙はポロポロ。。。うーん言葉にできない 衝撃的な出会いでした。


そして話はちょっと飛びますが 今年アイルランドから帰ってきた翌々日
まだ時差ボケも治ってないようなときだったのですが
これまた不思議な流れで 天河神社さんへ奉納演奏に
癒しの森の美幸ちゃん達と 急遽タオライアー隊で参加させてもらう事に。
(ここ数年は天河さんで出会う繋がりの濃さに驚くばかり・・)

この奉納舞台は 虹の舞人の水野永子さんが発起された
これからの新しい時代に向かって 調和と感謝による平和祈念がテーマ。
(鞍馬 天河 そして明石へと続く・・・)

不思議なご縁の数珠つながりで集まったアーティスト
映画『ガイアシンフォニー第3番』にも出演されている奈良裕之さん
舞踏家のJun Amantoさん 元ブルーハーツのドラマー梶原 徹也さん
パーカッショニストのノブトウマサザネさん クリスタルボウルの詩音さんetc…
 
リハーサルなしのぶっつけ本番の即興舞台。
それぞれの個性が輝きながら 全体が美しく調和していてました。
私もタオの音色に身を委ねながら 自然とメロディが溢れてきて
みなさんと嬉し楽しの世界を分かち合わせてもらえました。
この時の様子は友人のセラピストMahaviaさんが詳しくレポートしてくださっています→コチラ

天河 奉納演奏
 

そして私はこの後 タオ・ライアーを やっと迎える決心をしました。
なんだか おおげさですが そういう気構えがいったのです。
私が持っていいものなんだろうかとか まだ早いとか
もっと自分軸が整ってからとか、、ようは覚悟だけだったんですけど。


来日中のレーマン氏の指導のもと 彼が大切に育てた
桜の木の一枚板の原型を目の前にして 4日間かけて 
ひたすら木と向きあって 彫り上げていく…
この作業は自分の心との対話になりました。


タオ彫り


弦を張ってレーマンさんが最終調律してくれて、、ついに完成!
最初の産声を聴いたときは もう感動・・

一緒に制作した仲間内の間でも タオライアーの第一声が聴こえる度に
産まれた~!おめでとう~!!の歓声と拍手が飛び交ってて
ここはまるで産院?という雰囲気でした。


ライアー製作者 元シュタイナー学校教師 プロのマジシャン
様々な顔をもつアンドレアス・レーマンさん
レーマン


そして産まれたてのタオと共に淡路島へ。癒しの音のワークショップ。
いつものメタルや木の音のサークルのワークのほかに 
木や水の癒し方なども教わりました。


どうしても淡路の海でタオを奏でたくなって ちょっとひとり抜け出して 海の方へ。
波の音とタオの響きが ゆらゆらと重なり溶け合って心地いい・・

時々タオが歌い(このライアーからは声が聴こえるのです。歌うのです!)
私もそれに応えるように歌いかえす。ああ 思考から解放されて 空っぽになれる!
そう そんなやさしいやりとりが このタオとできる歓び。
さあ 次は一緒にどこへ旅に出かけようか。


tao in 淡路島




スポンサーサイト
2011-04-12 [ Tue ]
京田辺の『癒しの森』へ、ライアーの練習会へ。
昨日は震災からちょうど1か月。
終わってからライアーの音と共に祈りと瞑想の時間を。
11日がご命日となられた方が多いはず…
どうぞ被災地の方へ 届きますよう。。。

主催の二宮さんが瞑想中に奏でてくれたタオ・ライアー。
これは元シュタイナー学校教師でもあるドイツのアンドレアス・レーマンさんが
制作しているヒーリング・ライアのひとつ。
倍音の響きによって微細な惑星のバイブレーションと共振するように
魂のドアを開き、真実の自己を思い出すといわれている。

私のライアーはクロマチックだけど このタオ・ライアーは
『レミラシ』の各音が3弦ずつという独特の並び。4オクターブ。

去年初めてこのタオ・ライアーを体感した時
今まで聴いたことのない その不思議な倍音の響きと振動に
ゾクゾクと鳥肌が立ち、カラダの下の方から頭のてっぺんまで
洗い流された感じがした。そして涙が溢れてきた。



不思議な形のタオ・ライアー。鳥が翼を広げているよう。。 
tao ライア



練習会の後、そのままマイ・ライアーを連れて大阪城へお花見。
やっぱり今年の桜は より感慨深いものがある。
儚い今一瞬を大切に生ききろうと痛切に思う。

誕生日に私のもとへやって来てくれたライアー まる3か月になった。
名前を 最初は形が卵みたいやから『たまちゃん』
にしよかと思ったけど もう少しコジャレた感じに
『レリア』に命名。 どうぞよろしくです☆


あれこれとアングルを変えてモデルのレリアの撮影に夢中になってたら
通りがかりのチャーミーグリーンのCMみたいな仲良し老夫婦に
『それはなんですか~?』と。
『まあ竪琴の一種です~』とお答えしたら
『さくら』でも弾いて下さいな~と、いきなりリクエストが。あせあせ~


桜ライア

でも『さくら』は目下練習中の課題曲!
冷や汗かきながら なんとか披露させてもらいました。
『わあ~綺麗な音やねえ~』と喜んで下さって ほっ・・

畔ライア


春はレリアを連れて 山や森や湖に出かけたいな。
そして人気のないところで籠って コソ錬します(笑)




仲良し3兄弟? 気持ちよさそやね
kamo.jpg


2011-01-14 [ Fri ]
初法座も終わって年始のお寺行事もひと段落。
今年は年明け早々にお葬式が3件も続いた。

こうして常に死というものを身近に感じるところにいると
色々考えさせられることが 往々にしてある。

いつ何時 あちらからお呼びがかかっても
は~い!って元気よく手あげて返事できるくらいの
そんな生き方がしたいなあ~



そして つい先日の誕生日の前夜 
ドイツから東京を経て 私のもとへ
ついについに
何か月も待ち焦がれていたもの、
ライアーが届いた!

バースディプレゼントにしてくれるために
わざと予定より遅らせてくれたのかな。
粋な計らいしてくれた宇宙さんよ ありがとう!!


ドキドキのご対面~  
早速 胸に抱きかかえて  
そーっと弦の上を指でやさしく撫でてみる。
その美しい倍音の響きに身を委ねてみる。
わー どうしよう 涙が出てくる。
わが子のようだ。
たまらなく愛しい。。

一緒に成長していこうねと
固い約束を交わしました。


DSCF6850 ライア1


この日はとても願い事が叶い易い日
というのを教えてくれた方がいた
力強い夕日に向かって一心にお祈り☆

新たな決意とともに
今年も音楽の道を 頑張ります!
 
DSCF6841 夕焼け

 | HOME | 

2017-10

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

高野陽子(歌、ライアー、三線)

ケルトの国々や沖縄など様々な土地を訪れ、長い時を経て伝わる物語やメッセージを歌い継いでゆく‘旅する歌い人’。在学中よりバンドで歌い始め、1997年頃より演奏活動を始める。これまで数度に渡りアイルランド、スコットランドに長期滞在し伝統的な歌唱法を学ぶ。現地の教会やパブでの演奏も好評を得る。現在は様々な音楽ユニットやライアー(竪琴)や三線の弾き語りソロでも活動中。2010年1stCD「Leem」リリース。2015年関西ケルト/アイリッシュコンピCD「CELTSITTOLKE Vol.4」に参加。http://hasunooto.blog109.fc2.com/

1st CD 『Leem』発売中(全5曲¥1,200)


CD試聴

 Yoko Takano

Author: Yoko Takano
1.てぃんさぐぬ花 (沖縄民謡)2.Siuil a Run(アイルランド民謡)3.Down by the Sally Gardens ~Toss the Feathers ~Drowsy Maggie ( アイルランド民謡~舞曲)4.銀の笛 (スコットランド民謡 / 訳詞yoko) 5.凛 (詞・曲 / ハシケン)

演奏のご依頼やCD『Leem』のご注文 お問合せはtakanoyoko☆gmail.com(☆→@)又は下のメールフォームからお願いします♪



facebook

恋ぬ花 (沖縄民謡)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。