蓮音日記

~うたと旅のつづれ織り~

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-07-23 [ Sat ]
先週 滋賀県堅田の天台真盛宗 西勝寺さんで
ひっそりと催された 満月の夜のお茶会



お茶の先生でもある住職夫人とお嬢様
IMG_0655 yumimama


丁寧に心を込めて 入れて下さった一服のお茶
心を静めて集中 五感をフル回転

油断したら すぐに心が今になくて 遠くにいってしまう私は
お茶を頂くとき いつも思い出す
敬愛するベトナムの僧侶 ティックナットハンさんの
一服のお茶の楽しみかたのお話

お茶を楽しむためには、
人は完全に、今という時に目覚めていなければならない。
今という瞬間を意識している時にのみ、
手は茶わんの快い温かさを感じることができる。
今という瞬間のみに、
香りを楽しみ、甘さを味わい、繊細さを感じとることができる。
過去のことを思い煩っていたり、将来のことを心配していたりすると、
一杯のお茶を楽しむという体験を失してしまうだろう。
茶わんを見おろすと、もうお茶はなくなっているのだ。
人生もまったくこれと同じである……

IMG_0650 yumi


以前にもこちらのお寺で共演させてもらった
旅する音楽家 音楽療法士のロビンロイドさん
尺八で夏にちなんだ曲を そして色々な民族楽器やおもちゃで音遊び 
カエルの鳴き声 川のせせらぎ 雨の音…
一瞬にして 自然のどまんなかにいるような気持ちになった 
私は月にちなんだ歌などを数曲歌いました

ugagerobin.jpg


今宵 美味しいご飯で もてなして下さったご住職は
音楽大好きで ギターもお得意
日本の古きよき歌などを 西勝寺さんご一家と
お客様みんなで合唱
琵琶湖周航の歌は滋賀県民さんのご当地ソング



提灯と月明かりだけの ほなかな灯りの中での
それはそれは 怪しくも楽しい ひそやかな宴

IMG_0662 utage






境内に出て夜空を見上げると まんまる綺麗なお月さんが
ずっと見守っていてくれていたよ

月







スポンサーサイト

 | HOME |  »

2011-07

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

高野陽子(歌、ライアー、三線)

ケルトの国々や沖縄など様々な土地を訪れ、長い時を経て伝わる物語やメッセージを歌い継いでゆく‘旅する歌い人’。在学中よりバンドで歌い始め、1997年頃より演奏活動を始める。これまで数度に渡りアイルランド、スコットランドに長期滞在し伝統的な歌唱法を学ぶ。現地の教会やパブでの演奏も好評を得る。現在は様々な音楽ユニットやライアー(竪琴)や三線の弾き語りソロでも活動中。2010年1stCD「Leem」リリース。2015年関西ケルト/アイリッシュコンピCD「CELTSITTOLKE Vol.4」に参加。http://hasunooto.blog109.fc2.com/

1st CD 『Leem』発売中(全5曲¥1,200)


CD試聴

 Yoko Takano

Author: Yoko Takano
1.てぃんさぐぬ花 (沖縄民謡)2.Siuil a Run(アイルランド民謡)3.Down by the Sally Gardens ~Toss the Feathers ~Drowsy Maggie ( アイルランド民謡~舞曲)4.銀の笛 (スコットランド民謡 / 訳詞yoko) 5.凛 (詞・曲 / ハシケン)

演奏のご依頼やCD『Leem』のご注文 お問合せはtakanoyoko☆gmail.com(☆→@)又は下のメールフォームからお願いします♪



facebook

恋ぬ花 (沖縄民謡)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。