蓮音日記

~うたと旅のつづれ織り~

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-12-24 [ Sat ]
今宵はクリスマス・イブ どのようにお過ごしでしょうか?

一年で最も闇の深まる『冬至』も終わり 
昨日、今日のキラキラ眩しい太陽を眺めていると
日に日に太陽の光が強まっていくの感じます。

今日の夜はひとり静かに自分と向き合う時間が持てました。
明日の山羊座の新月にスタートさせることに心を寄せながら。


さてさて 一昨日の『冬至の音開き~ケルトの夕べ~in 癒しの森』

予想以上の反響で定員の20名を上回って 大人の方もお子ちゃまも含めて
たくさんの方にご来場頂き 盛況に終わることができました。
ありがとうございました!
(今回やむをえずお断りした みなさま ごめんなさい。
また来年も企画して頂く予定なので 楽しみに待ってて下さいね)

まず一部は 主宰の二宮美幸さんが
メタルサークル(惑星のエネルギーと共振する金属の打楽器たち))や
4つのヒーリング・ライアーを奏でて下さいました。

写真の美幸さんが奏でているのはタオ・ライアー
私が持っているのは演奏用のライアーですが
このタオは『高次の自己とつながる』というテーマを持つ
瞑想とヒーリング用のライアーです

初めてこの音に出会ったのは2年前。生駒山での『癒しの音』のWSで。
もう全身が震えて涙が止まりませんでした。

そして左はタムタムという土星と同じ波動を持つ打楽器。
これは言葉では説明できないので もう体験して頂くしかない!
ご興味のある方は『癒しの森』までお問合せくださいね

PC220691 miyuki 2 (500x375) (400x300)


2部はケルティックコンサート
共演はケルティックマジカルナイト☆瞑想会でもお馴染みの
アイリッシュブズーキ奏者 貴瀬修(MAMU)さんと
(今回はマジカルナイト主宰の星タネのチナミちゃんが残念ながら
予定が合わずMAMU&YOKOのバード隊での出陣となりました)



She moved through the fair や Sally Gardens、Siuil a run など
おなじみアイルランド民謡やダンス曲、マムさんのオリジナル曲などなど
ケルト音楽を中心に楽しんで頂きました。

ケルトの暦では冬至は女神DANU(ダヌ)の司る季節。
闇から光へのシフト、死と再生の間の静寂。
一度死んだ太陽神の復活=救世主(キリスト)誕生
というテーマと結びついているそうです。

というわけで終盤はキリストに纏わる音楽を奏でました。

中高大とプロテスタント系の学校に通ってたし
以前はゴスペルクワイアに所属して歌っていたので
讃美歌やクリスマスソングは自然に馴染むというか
すーっと入っていける感覚があります。


PC220706 yoko×mamu2(375x500) (300x400)
Makoちゃん 写真ありがとう~







そして3部はタオライアーとアイリッシュブズーキの響きに合わせて
大人も子供も一緒に全員で 思いのままに母音で声を出しました。

これはよく女神ワークショップでもやってるのですが
それぞれの方の声が最終的には 調和のとれた素晴らしい
ハーモニーとなり すごいエネルギーになるのには
いつも感動します。

そして続いて鈴や小さな楽器を鳴らしてクリスマスソングを
みんなで歌い 光の時を迎えました。
子供たちもノリノリで 一生懸命リズムをとってくれていたのが
可愛くてたまりませんでした。
大盛り上がりでお開きとなりました。


音を通じて心がひとつになれた 暖かい冬至の夜でした。
美幸さん MAMUさん ご来場下さったみなさま
本当にありがとうございました。




終演後はたくさんのオーブ(玉響 たまゆら)が。
精霊たちもたくさん応援に来てくれてたみたいでした。

オーヴ(400x319)
写真は美幸さんのお知り合いの方から。ありがとうございます。


スポンサーサイト

 | HOME |  »

2011-12

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

高野陽子(歌、ライアー、三線)

ケルトの国々や沖縄など様々な土地を訪れ、長い時を経て伝わる物語やメッセージを歌い継いでゆく‘旅する歌い人’。在学中よりバンドで歌い始め、1997年頃より演奏活動を始める。これまで数度に渡りアイルランド、スコットランドに長期滞在し伝統的な歌唱法を学ぶ。現地の教会やパブでの演奏も好評を得る。現在は様々な音楽ユニットやライアー(竪琴)や三線の弾き語りソロでも活動中。2010年1stCD「Leem」リリース。2015年関西ケルト/アイリッシュコンピCD「CELTSITTOLKE Vol.4」に参加。http://hasunooto.blog109.fc2.com/

1st CD 『Leem』発売中(全5曲¥1,200)


CD試聴

 Yoko Takano

Author: Yoko Takano
1.てぃんさぐぬ花 (沖縄民謡)2.Siuil a Run(アイルランド民謡)3.Down by the Sally Gardens ~Toss the Feathers ~Drowsy Maggie ( アイルランド民謡~舞曲)4.銀の笛 (スコットランド民謡 / 訳詞yoko) 5.凛 (詞・曲 / ハシケン)

演奏のご依頼やCD『Leem』のご注文 お問合せはtakanoyoko☆gmail.com(☆→@)又は下のメールフォームからお願いします♪



facebook

恋ぬ花 (沖縄民謡)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。