蓮音日記

~うたと旅のつづれ織り~

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-02-27 [ Mon ]
桜が咲き始める季節、お寺でユニークな集いを開催します。


「風の集い」~SOHO禅
       ありがとう・感謝念仏  

       ※町田先生によるお話と集まったみなさんでのシェアリングもあります

 4月1日(日) 午後2時~5時半頃(午後1時半 開場)

     於:栄照寺 本堂

    主宰:町田宗鳳(そうほう)先生
       (広島大学大学院総合科学研究科教授)

   参加料:一般 1500円  学生 1000円  予約不要

 
  「風の集い」では、「SOHO禅」を実践しますので、
  なるべくカジュアルな恰好で足を組みやすい柔らかなズボンを履いてきてください。



【町田宗鳳先生 プロフィール】
1950年京都市生まれ。幼少のおり、キリスト教会に通う時期もあったが、
ふとしたことから14歳で出家。以来20年間、京都の臨済宗大徳寺で修行。
34歳のとき寺を離れ、渡米。のちハーバード大学神学部で神学修士号
およびペンシルバニア大学東洋学部で博士号を得る。
研究分野は比較宗教学、比較文明論、生命倫理学。
日本、近年は海外でも「風の集い」および「健康断食」を定期的に開催している。

_MG_6333[1]


以下 町田宗鳳先生ののH.Pより一部 転載させて頂きます。

☆☆☆☆☆

みんなが気楽に集まって、気楽に語らえる場所、それが「風の集い」 です。体の具合が悪い人は、寝転がって下さっていてもいいのです。風のように来て、風のように去って行ってください。でも、素晴らしい仲間との出会いがあるかもしれません。


◆ありがとう感謝念仏◆

 声の力よって「アラヤ識の大掃除」をし、あらゆる不都合な現象の原因となっている「否定的記憶」を消去する働きがあります。透明な意識になってこそ、当たり前の生活を生きて、決して当たり前ではない喜びに満たされます。

 横隔膜呼吸を続行したまま、吐く時に「ア・リ・ガ・ト」の四音を大きな声で発声してもらいます。「ありがとう呼吸法」が準備体操になっているので、自分でも驚くほど、お腹の底から太い声が出るはずです。

 感謝念仏中は、合掌瞑目して、自分の魂・身体・家族・仕事など、感謝の対象を明確に定めます。これは内観療法を兼ねており、心のシコリを消すことになります。その時、やや顔を上に向け、自分が光に包まれていることをイメージしながら、朗々と、ほがらかに唱えます。

 「ア・リ・ガ・ト」の音は宗教や民族を超えた素晴らしい言霊であり、集団的な発声によって生じる高周波音には、癒しの効果があるため、念仏中に、しばしば自然に涙がこぼれてきます。楽器の音や歌声が聞こえてきたりすることもありますが、それも高周波音による現象です。

 他者の声を聞きながら、全体の和音を保つ気持ちが大切ですが、人と息継ぎを合わせる必要はなく、自分のペースで悠然と称えてください。それぞれに発声する「ア・リ・ガ・ト」の音が重なりあい、途切れなく常に響きわたるのが理想です。

 眼は半眼が原則ですが、閉じても開けても構いません。途中で眠気がさしたり、欠伸が出たりもしますが、それは身心の緊張が解けてきたためであり、そのまま暫く眠って、目覚めて後、集中してください。
 
 
 現代人の特徴は、心の奥底に理由なき不安を抱えていることです。その不安が不安な現象を呼び寄せることになります。不安な思いを消して、嬉しい気持ちを強めれば、嬉しい現象を呼び寄せることになります。ひと言でいえば、SOHO禅は幸運を呼ぶ瞑想法です。


☆☆☆☆☆☆




ところ:浄土真宗(西本願寺) 栄照寺

大阪市城東区今福南1-5-21 (屋上の鐘楼が目印です)

 ・地下鉄長堀鶴見緑地線 又は今里筋線 「蒲生4丁目」駅 ⑤番出口より徒歩約8分
 ・JR鴫野駅より徒歩約12分
 ・JR京橋駅より徒歩約20分

お問合せは メール: eisyouji★gmail.com(★⇒@へ変えてください)

※お車でお越しの際は 近くのコインパーキングをご利用願います

地図 リーフレット セブン入り (512x550)



スポンサーサイト

 | HOME |  »

2012-02

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • »

高野陽子(歌、ライアー、三線)

ケルトの国々や沖縄など様々な土地を訪れ、長い時を経て伝わる物語やメッセージを歌い継いでゆく‘旅する歌い人’。在学中よりバンドで歌い始め、1997年頃より演奏活動を始める。これまで数度に渡りアイルランド、スコットランドに長期滞在し伝統的な歌唱法を学ぶ。現地の教会やパブでの演奏も好評を得る。現在は様々な音楽ユニットやライアー(竪琴)や三線の弾き語りソロでも活動中。2010年1stCD「Leem」リリース。2015年関西ケルト/アイリッシュコンピCD「CELTSITTOLKE Vol.4」に参加。http://hasunooto.blog109.fc2.com/

1st CD 『Leem』発売中(全5曲¥1,200)


CD試聴

 Yoko Takano

Author: Yoko Takano
1.てぃんさぐぬ花 (沖縄民謡)2.Siuil a Run(アイルランド民謡)3.Down by the Sally Gardens ~Toss the Feathers ~Drowsy Maggie ( アイルランド民謡~舞曲)4.銀の笛 (スコットランド民謡 / 訳詞yoko) 5.凛 (詞・曲 / ハシケン)

演奏のご依頼やCD『Leem』のご注文 お問合せはtakanoyoko☆gmail.com(☆→@)又は下のメールフォームからお願いします♪



facebook

恋ぬ花 (沖縄民謡)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。