蓮音日記

~うたと旅のつづれ織り~

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-04-19 [ Fri ]
john billing for blog s

アイルランド在住のライアー演奏家、ジョン・ビリングさんが
4月から来日され日本全国をツアー中です。
関東、東北を回られ 20日から京都へ、そして来週は大阪へ!
先日お知らせした24(水)は大阪島之内教会でコンサートです。
まだお席ありますのでぜひいらしてください!詳細はこちら→http://hasunooto.blog109.fc2.com/blog-entry-244.html
 

さて ジョンさんとは昨年のアイルランドの旅以来の
再会を心から楽しみにしています!
長期滞在だったので、あまりに多くの出来事がありすぎ
旅日記も途中で放置。。腰重く 半ば諦めかけてたのですが

ジョンさんに案内して頂いたアイルランドの2箇所のキャンプヒルで
(キャンプヒルとはシュタイナー思想を体現する、知的障害を持つ人々と
世界各国からボランティアでサポートに来られる方達が共に暮らす共同体)
過ごさせてもらった 貴重な素晴らしい体験は
私の中で忘れがたい大切な宝物なので、、
やっぱり少しでも書き留めておきます。


日本大好きのジョンさんは何度も来日ツアーされてて、
初めてお会いしたのは タオライアーでもおなじみの
京田辺「癒しの森」さん主催、長野県の女神山での癒しの音WSでした。


WSの中でや諏訪神社での奉納演奏で聴かせてもらった、
ジョンさんのまるで指が弦の上をすーいすい泳ぐかのような、
軽やかであり かつ深~いライアーの音色、
そして何より彼のオリジナル曲のいくつかには
とてつもなくケルトの哀愁を感じて、、
涙が溢れたのを覚えています。


そしてさらに最も印象深かったのは、、、


帰りにご一緒した長野駅前の居酒屋で
それはもう幸せいっぱい!無邪気な満面の笑みで、、


生ビールジョッキ片手に枝豆をほおばるジョンさんでした。。。
お茶目…笑


時は過ぎ、そして私の昨年のアイルランド歌修行旅。
その様子などをちょこっとFBにあげていたのを
たまたまアイルランドにいらして見て下さった
ジョンさんから、メッセージが!

「ケリー州、ディングルに行くんだけど コーク(私が滞在していたところ)
なら車で通り道だから 一緒に行かない?友達も住んでるし
キャンプヒルでワークショップもするから三線持って遊びにおいで!」


な、なんとゆー、、信じがたい ありがたいお話。。。
ジョンさんに車でガイドしてもらえるんなんて!
でも、、そんな恐れおおい、、
でも、、二人きりで英語通じるやろか。車中しーんってなったりして。。
でも、ディングルって…8年前にも訪れて
私がケルトの歌にインスピレーションをもらった
とーっても思い入れの深い大すきな場所。。

一瞬 いつものうだうだ思考がグルグルして躊躇したものの、、

次に私から飛び出した言葉は


Yes!Of course! Please pick me up in Cork!」
(これが正しい英語かは謎…)



旅、人生の中で時々起こる神様からのギフトのような 
素敵な予期せぬ展開には いつもドキドキさせられる。
何が始まるんだろう。。


これが ジョンさんとのアイルランド珍道中?
の始まり始まり でした。




つづく・・・





Ring of Kerry
アイルランド南西部 ケリー周遊路にて
P1011540 john in Kerry




Blessing of Raibow!
yoko in rainbow



Skellig Michael
遥か沖合に浮かぶ憧れの聖地、スケリッグ・マイケル 
ここもやっぱり初期キリスト教にご縁のある地
Skellig Michael




Caherciveenの夕暮れ
john evening




御友人宅にて、ライアーと沖縄三線の初セッション♪
home session





スポンサーサイト

 | HOME |  »

2013-04

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

高野陽子(歌、ライアー、三線)

ケルトの国々や沖縄など様々な土地を訪れ、長い時を経て伝わる物語やメッセージを歌い継いでゆく‘旅する歌い人’。在学中よりバンドで歌い始め、1997年頃より演奏活動を始める。これまで数度に渡りアイルランド、スコットランドに長期滞在し伝統的な歌唱法を学ぶ。現地の教会やパブでの演奏も好評を得る。現在は様々な音楽ユニットやライアー(竪琴)や三線の弾き語りソロでも活動中。2010年1stCD「Leem」リリース。2015年関西ケルト/アイリッシュコンピCD「CELTSITTOLKE Vol.4」に参加。http://hasunooto.blog109.fc2.com/

1st CD 『Leem』発売中(全5曲¥1,200)


CD試聴

 Yoko Takano

Author: Yoko Takano
1.てぃんさぐぬ花 (沖縄民謡)2.Siuil a Run(アイルランド民謡)3.Down by the Sally Gardens ~Toss the Feathers ~Drowsy Maggie ( アイルランド民謡~舞曲)4.銀の笛 (スコットランド民謡 / 訳詞yoko) 5.凛 (詞・曲 / ハシケン)

演奏のご依頼やCD『Leem』のご注文 お問合せはtakanoyoko☆gmail.com(☆→@)又は下のメールフォームからお願いします♪



facebook

恋ぬ花 (沖縄民謡)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。