蓮音日記

~うたと旅のつづれ織り~

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014-12-31 [ Wed ]
今年も残すところあと一日。
目の前のことに全力投球してたら
風のように過ぎ去っていった感じの2014年。

12月のライブ御礼報告も全部はかけないので、ダイジェストで。。
各会場においで下さったみなさま ありがとうございました!


まずは
~ハープと唄で紡ぐクリスマス・コンサート~in 一乗寺ウッドノート
昨年に引き続き今年もHarpers Cafeのかずこさん(真ん中)&kumiさん(右)と
(写真を撮っていただいたKさんありがとうございました)
yoko woodかずこさん blogwoodkumiwood blog

クリスマスキャロルやケルト音楽が中心でしたが
唄三線とハープで沖縄民謡も少し♪
三線のまっすぐ、というか一本気?な音を
ハープの響きが優しく包んでくれました。
HarpersCafeのかずこさん kumiさん
素敵な演奏をいつもありがとうございます。


wood note

終わってからは マスターの渋谷さん(フィドル)や
残って下さったお客様と アイリッシュ・セッションタイム♪
名物の玄米チャーハンもしっかり頂きました♪
ウッドノートならではのアットホームな空気感。
大晦日は恒例の年忘れセッション大会があるみたいです

woodnote 2014



続いて 神戸山手大学(観光地理学の授業)で講師として 
アイルランドやスコットランド(主にヘブリディズ諸島)への
旅の写真やお話を交えながらのレクチャー・コンサート。
IMG_8694 blog

大学での講演コンサートは初めてだったのですが
教室はしーん、、あまりに静かで反応がないので(笑)、
(シニア学生さんはたくさん質問して下さいましたが)
今の大学生のみなさんは保守的とか おとなしいと言われてるし
やっぱり ひとり旅とか外国とか興味ないのかな、、と最初は思いました。
が 後でアンケートを読ませてもらうと みなさんガッツリ書き込ん下さっていて
自分も人生を変えるような旅がしたい!とか ライアーやケルト文化にも
興味を持ってくれたみたいで おおっ 熱いハートあるんだ!と嬉しかったです♪
若いうちにどんどん 世界へ飛び出して、異なる文化や価値観の人達と出会って
たくさん色んな経験してほしい、それは何よりも人生の宝、、
若人よ旅に出よう!←もうほとんど老婆心から(笑)
呼んで下さったT教授 ありがとうござしました。

IMG_8686 blog


そして 今年のラストライブとなった
~十三からサンタが北新地にやってきた~
十三トリスバー@北新地店 クリスマスライブ

今年3月の十三西口の火災の朝、江川マスターに思わずメールしたら
「焼けました。残念です。」
・・・お返しする言葉がなかったのを今でも覚えています。

長年愛され続けてた老舗バーが北新地で復活したのが8月。
マスターの人徳といつも前向きな姿勢の賜物! 
プレオープンパーティでも歌わせて頂いたのですが
たくさんの長年の常連さん、そしてテレビ局や新聞社など
連日取材や収録がきてて、改めてすごいお店なんだなーと思いました。

9月のお祝いライブに続いて 今回で3度目のライブ。
共演は十三つながりでご縁の深まった「ゆるらかふぇ」のオーナー
佐久間寿美さん&シンガーソングライターの義崎真也さん。
息の合ったステージ うた&ウクレレ&ギター演奏で
おおいに盛り上げてくださいました♪
sumiandyoshizaki.jpg

2部はライアーの音色で、、 みなさま おやすみなさい・・笑
20141223yoko十三トリス

飲む人 食べる人 唄う人 つっこみ入れる人
みなさん自由に楽しんで頂けたようすでした♪
jyusoutorisu ounter

そして、、イブイブの夜、サンタからのプレゼントは、、
江川マスターの生演奏&生歌!みなさんと一緒に大合唱♪
eichanpiano.jpg


楽しいひと時を ありがとうございました♪
十三トリスバーは来年の3月で59周年を迎えられるそうです。
そして江川マスターの目標は 十三に戻ること!
みんなで応援しています♪
20141223十三トリス


今年は音楽を通じて 本当にたくさんの人と
出会い、支えて頂きました。
ありがとうございました。
どうぞ よいお年をお迎えください。

高野陽子

スポンサーサイト

 | HOME |  »

2014-12

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

高野陽子(歌、ライアー、三線)

ケルトの国々や沖縄など様々な土地を訪れ、長い時を経て伝わる物語やメッセージを歌い継いでゆく‘旅する歌い人’。在学中よりバンドで歌い始め、1997年頃より演奏活動を始める。これまで数度に渡りアイルランド、スコットランドに長期滞在し伝統的な歌唱法を学ぶ。現地の教会やパブでの演奏も好評を得る。現在は様々な音楽ユニットやライアー(竪琴)や三線の弾き語りソロでも活動中。2010年1stCD「Leem」リリース。2015年関西ケルト/アイリッシュコンピCD「CELTSITTOLKE Vol.4」に参加。http://hasunooto.blog109.fc2.com/

1st CD 『Leem』発売中(全5曲¥1,200)


CD試聴

 Yoko Takano

Author: Yoko Takano
1.てぃんさぐぬ花 (沖縄民謡)2.Siuil a Run(アイルランド民謡)3.Down by the Sally Gardens ~Toss the Feathers ~Drowsy Maggie ( アイルランド民謡~舞曲)4.銀の笛 (スコットランド民謡 / 訳詞yoko) 5.凛 (詞・曲 / ハシケン)

演奏のご依頼やCD『Leem』のご注文 お問合せはtakanoyoko☆gmail.com(☆→@)又は下のメールフォームからお願いします♪



facebook

恋ぬ花 (沖縄民謡)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。