FC2ブログ

蓮音日記

~うたと旅のつづれ織り~

2010-10-14 [ Thu ]
ニシ浜方面へ行く道中 何度も前を通った波照間小学校。
(幼稚園と中学校も同じ敷地内)
ちなみに波照間島には高校はないので島外へ行くことになる。


<波照間小学校②


ちょっと中へ入らせてもらう。
『8時だよ!全員登校!』の垂れ幕がツボにはまる。
校庭の芝生の整備をしているオジサンに声をかけてみたら
なんと校長先生だった。(こりゃどうも失礼しました。。)


波照間小学校

とても気さくでフレンドリーなコーチョーせんせに
許可を得て 小学校の授業を少し見学させてもらう。
おそらく全学年で30人位にも満たない?
教室も1&2年、3&4年、5&6年は合同。
のーんびりなムード満開。

授業中


塀に書かれていた『星になった子どもたち』という詩が気になった。
『戦争マラリア』という悲しい歴史を初めて知った。
第2次世界大戦中、多くの子供たちが軍命によって
マラリアの蔓延する西表島に強制疎開させられ 感染して命を奪われた。
故郷を恋しく思いながら 星になっていった子供たち。
こういう歴史を 知ること 忘れないこと 伝えていくこと
とても大切だと思う。

星になった子供たち


『星になった子どもたち』
作詞 : 波照間小学校全児童


1.南十字星 波照間恋しいと
  星になった みたまたち
  ガタガタふるえる マラリヤで
  一人二人と 星になる

  くるしいよ さむいよ お母さん
  帰りたい 帰りたい 波照間へ

2.南風見(はえみ)の海岸に きざまれている
  忘れな石という ことば
  戦争がなければ こどもたち
  楽しくみんな あそんでた

  さびしいよ いたいよ お父さん
  帰りたい 帰りたい 波照間へ

3.みんなでたましいを なぐさめようよ
  みんなでなかよく くらそうよ
  66名知らない世界へ
  逝ってしまったこと わすれない

  しずかに やすらかに ねてください
  平和な 平和な 波照間に
  しずかに やすらかに ねてください
  平和な 平和な 波照間に

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hasunooto.blog109.fc2.com/tb.php/114-2dd0f506

 | HOME | 

2020-08

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

高野陽子(歌、ライアー、三線)

ケルトの国々や沖縄など様々な土地を訪れ、長い時を経て伝わる物語やメッセージを歌い継いでゆく‘旅する歌い人’。在学中よりバンドで歌い始め、1997年頃より演奏活動を始める。これまで数度に渡りアイルランド、スコットランドに長期滞在し伝統的な歌唱法を学ぶ。現地の教会やパブでの演奏も好評を得る。現在は様々な音楽ユニットやライアー(竪琴)や三線の弾き語りソロでも活動中。2010年1stCD「Leem」リリース。2015年関西ケルト/アイリッシュコンピCD「CELTSITTOLKE Vol.4」に参加。http://hasunooto.blog109.fc2.com/

1st CD 『Leem』発売中(全5曲¥1,200)


CD試聴

 Yoko Takano

Author: Yoko Takano
1.てぃんさぐぬ花 (沖縄民謡)2.Siuil a Run(アイルランド民謡)3.Down by the Sally Gardens ~Toss the Feathers ~Drowsy Maggie ( アイルランド民謡~舞曲)4.銀の笛 (スコットランド民謡 / 訳詞yoko) 5.凛 (詞・曲 / ハシケン)

演奏のご依頼やCD『Leem』のご注文 お問合せはtakanoyoko☆gmail.com(☆→@)又は下のメールフォームからお願いします♪



facebook

恋ぬ花 (沖縄民謡)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ブログ内検索