FC2ブログ

蓮音日記

~うたと旅のつづれ織り~

2010-12-19 [ Sun ]
今年は東京に行く機会があった
生まれて初めて登った 東京タワー君に
つい惚れてしまった おのぼりちゃんの私 


六本木ヒルズ スカイデッキより
パノラマ大東京の 夜の煌めきの中
彼はひときわ赤く情熱的に 輝いていて
圧倒的な存在感を放っていた

DSCF6686  タワー①




六本木から麻布十番を通り抜け
オレンジの光の方を目指して歩く
ビルの谷間に埋もれたり現れたり
かくれんぼ

②DSCF6696 タワー





ドキドキしながら タワー君に大接近
真下から見上げる 大迫力 
ガッチリした骨太な骨格
よく鍛えられた足腰 
その男らしさに 逞しさに
さらに心を奪われる

DSCF6700 タワー3




ちょっと離れて
東京プリンスホテル近くの公園から
遠まきに見つめてみた

DSCF6706 タワー4



そしたら突然 彼は姿を消した
オレンジ色の身体は 闇に溶けた
さっきまでの輝きは ぬくもりは
一瞬にして消えてしまった

急に取り残されたようで
さびしくて せつなくて
どうしようもなく
その場に佇むしかなかった






むくわれない つかの間の夢ならば
せめて 偶然の時だけでも
はかない うたかたの恋ならば
せめて今 君の声だけでも

苦しいよ 今度はいつ会える?


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hasunooto.blog109.fc2.com/tb.php/119-2905f576

 | HOME | 

2020-08

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

高野陽子(歌、ライアー、三線)

ケルトの国々や沖縄など様々な土地を訪れ、長い時を経て伝わる物語やメッセージを歌い継いでゆく‘旅する歌い人’。在学中よりバンドで歌い始め、1997年頃より演奏活動を始める。これまで数度に渡りアイルランド、スコットランドに長期滞在し伝統的な歌唱法を学ぶ。現地の教会やパブでの演奏も好評を得る。現在は様々な音楽ユニットやライアー(竪琴)や三線の弾き語りソロでも活動中。2010年1stCD「Leem」リリース。2015年関西ケルト/アイリッシュコンピCD「CELTSITTOLKE Vol.4」に参加。http://hasunooto.blog109.fc2.com/

1st CD 『Leem』発売中(全5曲¥1,200)


CD試聴

 Yoko Takano

Author: Yoko Takano
1.てぃんさぐぬ花 (沖縄民謡)2.Siuil a Run(アイルランド民謡)3.Down by the Sally Gardens ~Toss the Feathers ~Drowsy Maggie ( アイルランド民謡~舞曲)4.銀の笛 (スコットランド民謡 / 訳詞yoko) 5.凛 (詞・曲 / ハシケン)

演奏のご依頼やCD『Leem』のご注文 お問合せはtakanoyoko☆gmail.com(☆→@)又は下のメールフォームからお願いします♪



facebook

恋ぬ花 (沖縄民謡)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ブログ内検索