FC2ブログ

蓮音日記

~うたと旅のつづれ織り~

2011-05-10 [ Tue ]
毎月10日は自坊の法話会。

今日の布教史さんはビハーラ(簡単に言えば仏教版ホスピス)の施設も運営されている。
お話は人生の最後をどう迎えるか ということを考えさせらた内容だった。

もともとビハーラとは、インドのサンスクリット語で僧院、寺院、
転じて休養する場所、安らぎの場所。

日本の仏教界でも 近年各宗派が取り組むようになってきて
お坊さんが終末期医療施設の病院に関わったり
病院を設置したりと、活動が目立つようになってきた。

私も以前にホスピス病院に勤務している友人の看護師さんに
声をかけてもらって伺ったことがある。

その時出会った 目鼻立ちの整ったすっごいベッピンさんで
オシャレなつばの広い帽子をかぶって
きっぷのいい江戸っ子みたいな話しっぷりの
カッコいいおばあちゃん、ヨシエちゃんを思い出した。

若いころはすごく男の人にモテたようで
数々の武勇伝を楽しそうに話してくれた。
『女は男を養うくらいにならなあかん~』とも言ってたっけ。
バリバリのキャリアウーマンだったんだろう。
ヨシエちゃんは人生最後の日を目の前にして
常に誇り高く、毅然としていた。
女性として綺麗でいることも忘れなかった。

人生最後の瞬間 どうであるかは
その人の生き様が如実にあらわれるのだなあと
その時、強く感じた。
今でも憧れの大先輩。


それから数日後に亡くなられたと 
友人の看護師から聞いたけど
悲しくならなかった。
きっと あちらの世界でも人生を謳歌しているに違いない。
今日はそのモテモテ オットコマエ~な 
ばあちゃんのことを ふと思い出した。




供花は母の日にちなんでカーネーションを
供花


花開いた菖蒲♪ 法話会の日だけは頑張って着物~
kimono.jpg


スポンサーサイト



コメント

そんな法話会があるんやね!今度行ってみたい(*^^)v
終末期医療には以前からスゴク興味があるわ。

着物姿☆正面から見てみたいよ!

Re: タイトルなし

shanちゃん☆
毎月10日の2時からよ~
若い人いないから大歓迎!
正面は、、、NG(笑)


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hasunooto.blog109.fc2.com/tb.php/152-c12d0e75

 | HOME | 

2020-08

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

高野陽子(歌、ライアー、三線)

ケルトの国々や沖縄など様々な土地を訪れ、長い時を経て伝わる物語やメッセージを歌い継いでゆく‘旅する歌い人’。在学中よりバンドで歌い始め、1997年頃より演奏活動を始める。これまで数度に渡りアイルランド、スコットランドに長期滞在し伝統的な歌唱法を学ぶ。現地の教会やパブでの演奏も好評を得る。現在は様々な音楽ユニットやライアー(竪琴)や三線の弾き語りソロでも活動中。2010年1stCD「Leem」リリース。2015年関西ケルト/アイリッシュコンピCD「CELTSITTOLKE Vol.4」に参加。http://hasunooto.blog109.fc2.com/

1st CD 『Leem』発売中(全5曲¥1,200)


CD試聴

 Yoko Takano

Author: Yoko Takano
1.てぃんさぐぬ花 (沖縄民謡)2.Siuil a Run(アイルランド民謡)3.Down by the Sally Gardens ~Toss the Feathers ~Drowsy Maggie ( アイルランド民謡~舞曲)4.銀の笛 (スコットランド民謡 / 訳詞yoko) 5.凛 (詞・曲 / ハシケン)

演奏のご依頼やCD『Leem』のご注文 お問合せはtakanoyoko☆gmail.com(☆→@)又は下のメールフォームからお願いします♪



facebook

恋ぬ花 (沖縄民謡)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ブログ内検索