FC2ブログ

蓮音日記

~うたと旅のつづれ織り~

2011-08-11 [ Thu ]
あっという間にお盆週間に突入です。今日は本堂のお盆の供花 完成!
もちろんメインは大好きな蓮。(実は法名は『蓮音』と決めてます既に)

さて 先日の愛媛県の松山 久米官衙遺跡(来住廃寺跡)でのコンサート
『吟遊詩人が奏でるケルトの調べ』おかげさまで盛況に終えることができました。

こちらは7世紀位に建てられた寺院や役所の跡地で 舞台の背後には
こんもりと生い茂った小高い丘と大きな石。ここに昔お寺の金堂があったみたいです。
エネルギーに鈍感な私でも 足の裏がびりびりするほど 大地からの力が強かった。

他のお祭りと重なっていたにも関わらず 70名ほどのお客様がご来場して下さいました。
炎天下の日中から 主催の久米はいじの会の皆様が作って下さった素敵な屋外舞台。
地域を愛し文化を大切に守ろうという熱い思いがビシビシと会の皆さんから伝わってきました。
毎年 民族音楽のコンサートを催されてて 今回は8回目とのこと。
風来坊気質でなかなか土地に根を張れない私からしたら、、 尊敬に値します!


久米官衙保存会の会長さまのご挨拶の後
今治市在住の舞踊家 加納昌依さんによる奉納舞で開演。

アーサー王伝説のエクスカリバー(剣)を持っての 加納さんの華麗な舞は
ウベさんのHangDrumの不思議な音色と見事に溶け合っていて神秘的でした。

加納さんは初対面なのに まるでお姉さんみたいに親しみを感じる方でした。
今治市でヒーリングストーン『アリス&アン』というお店をされてます。

松山 kaijo


左がドイツ人尺八奏者のウベ・ワルターさん(この日はチェロとギターも)
中央がアイリッシュフルート奏者のhataoさん 私はケルトの歌とバウロン
ウベさん創作によるケルト神話の朗読を随所に織り交ぜながらという構成。

アンコールでは この地の気を感じての即興をというリクエストも。
昔は即興は苦手だったけど 最近は楽しめるようになってきました。
もっと解放して空っぽになって 声が大空を舞うように
自由自在に歌えるようになりたいです。


松山 y&h&U


最後の方は虫の声がだんだん大きくなってきて すごいことになり、、(参戦だったのか?)
私めがけて飛びこんできた時は 思わず叫びそうに、、(実は虫 怖い笑)

お越し下さったお客さま 主催の久米はいじの会のみなさまの温かいお心遣い
本当にありがとうございました!

松山 yh


翌日に連れて行ってもらった『自然農法 わら一本の革命』の著書 
故・福岡正信さんのお孫さんの自然農場にて。
松山 sizennouen


今回の演奏旅 さすが自由奔放なアーティスト ウベさんからの数珠つなぎのご縁、
ちょっと不思議でおもしろい そしてどこまでも自分らしく 人生を歩まれている
とても魅力的な人達にたくさん出会い 色んなお話をさせてもらえました。


私にとって旅と音楽は 人とつながり分かち合う 大切なツール。
どうかずっと音楽と旅が私の人生の傍らにいてくれますように。



帰りのオレンジフェリーのデッキにて。 
asayake.jpg



スポンサーサイト



コメント

 とても魅力的なコンサートだったのですね。
 大気や自然の力を感じながらの雰囲気がお写真からも伝わってきます。
 ウベさんとご一緒ですから、スリリングなライブだったんでしょうね(^_^;)
 
 「わら1本の革命」読んだことあります~。
 目からウロコ!の本でした。ちらっとだけ農業がしてみたくなりました。
 ちゃんとお孫さんが引き継いでいらっしゃるんですね。

manamiさん

お久しぶりです~コメントありがとうございます☆
ウベさんとも長いおつきあいになってきたので
本番の何が起こるかわからないスリリングにも
だいぶ慣れてきました(笑)

故福岡さんの農園には 世界から彼の農法や哲学を学びに
若者が住み込みで働きに集まってきてたみたいですね
私もお話を聞いて目から鱗でした!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hasunooto.blog109.fc2.com/tb.php/165-7eec3cac

 | HOME | 

2020-08

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

高野陽子(歌、ライアー、三線)

ケルトの国々や沖縄など様々な土地を訪れ、長い時を経て伝わる物語やメッセージを歌い継いでゆく‘旅する歌い人’。在学中よりバンドで歌い始め、1997年頃より演奏活動を始める。これまで数度に渡りアイルランド、スコットランドに長期滞在し伝統的な歌唱法を学ぶ。現地の教会やパブでの演奏も好評を得る。現在は様々な音楽ユニットやライアー(竪琴)や三線の弾き語りソロでも活動中。2010年1stCD「Leem」リリース。2015年関西ケルト/アイリッシュコンピCD「CELTSITTOLKE Vol.4」に参加。http://hasunooto.blog109.fc2.com/

1st CD 『Leem』発売中(全5曲¥1,200)


CD試聴

 Yoko Takano

Author: Yoko Takano
1.てぃんさぐぬ花 (沖縄民謡)2.Siuil a Run(アイルランド民謡)3.Down by the Sally Gardens ~Toss the Feathers ~Drowsy Maggie ( アイルランド民謡~舞曲)4.銀の笛 (スコットランド民謡 / 訳詞yoko) 5.凛 (詞・曲 / ハシケン)

演奏のご依頼やCD『Leem』のご注文 お問合せはtakanoyoko☆gmail.com(☆→@)又は下のメールフォームからお願いします♪



facebook

恋ぬ花 (沖縄民謡)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ブログ内検索