FC2ブログ

蓮音日記

~うたと旅のつづれ織り~

2011-08-20 [ Sat ]
怒涛のお盆も過ぎてひと段落。この夏の終わりから秋へと向かってゆく
季節って ちょっと寂しい感じもするけど 好きです。

15日の夜は恒例のお盆の鐘つきとキャンドルコンサート in 栄照寺
(バタバタでこのブログでご案内できずでしたが。。)
今年は松山ツアーでご一緒した 尺八奏者のウベワルターさんと
アイリッシュフルート奏者のhataoさんにお越し頂きました。
私も歌とライア-という竪琴で ちょこっと最後に出演

ご門徒さんの前で歌うのは 違う意味でとても緊張します(笑)
でも 本来の自分を隠さず オープンに開放していくという
私の最も苦手なことへの果敢なる挑戦でもあります (やや おおげさですが、、)

色んな変わった民族楽器や音楽を聴けて 毎年楽しみにしておられる
というご門徒さんもいらっしゃるようで 
正統派の良き『お寺の若奥さん道』から大幅に外れてて
なんとなく常に後ろめたさを感じている異端系寺嫁としては
これぐらいしか貢献するところがないので、、
ありがたいかぎりです。


美山在住のドイツ人のウベさんとは 私がゴスペルをやめてソロで活動し始めてから
はじめて共演した方で もう長いお付き合いになります。
型にはまらない自由な感性は  本番ではいつもドキドキハラハラだけど
おかげでアドリブ力が鍛えられました(笑)
人を惹きつけ 人を楽しませる天才!不思議な魅力を持った方です。

hataoさんの様々なケルトの笛の演奏も 本当に素晴らしく
同時に一つの口で3本の笛を吹くという神業芸も披露して下さってお客様も大喜び!
彼とは まだ私がこのお寺に嫁ぐ10年以上も前に このお寺のとある行事で
出会っているのです。

そして いらしてくれた人達の中にも 懐かしい再会や
不思議なシンクロの再会などもあって、

人の計り知れない 網の目のようなご縁の糸
ずっと大切に紡いでいきたいと思いました
 
お浄土からも色んな方のご先祖さま同志も
久しぶり~!と 再会してたのかな


動画を送って頂いたので すこし雰囲気を







スポンサーサイト



コメント

準備は本当に色々と大変だろうけど、
堪能させてもらいましたよ~!!!

shanちゃん

ありがとう~☆
今年もいいお盆を共に過ごせたね!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hasunooto.blog109.fc2.com/tb.php/167-df8b3e77

 | HOME | 

2020-08

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

高野陽子(歌、ライアー、三線)

ケルトの国々や沖縄など様々な土地を訪れ、長い時を経て伝わる物語やメッセージを歌い継いでゆく‘旅する歌い人’。在学中よりバンドで歌い始め、1997年頃より演奏活動を始める。これまで数度に渡りアイルランド、スコットランドに長期滞在し伝統的な歌唱法を学ぶ。現地の教会やパブでの演奏も好評を得る。現在は様々な音楽ユニットやライアー(竪琴)や三線の弾き語りソロでも活動中。2010年1stCD「Leem」リリース。2015年関西ケルト/アイリッシュコンピCD「CELTSITTOLKE Vol.4」に参加。http://hasunooto.blog109.fc2.com/

1st CD 『Leem』発売中(全5曲¥1,200)


CD試聴

 Yoko Takano

Author: Yoko Takano
1.てぃんさぐぬ花 (沖縄民謡)2.Siuil a Run(アイルランド民謡)3.Down by the Sally Gardens ~Toss the Feathers ~Drowsy Maggie ( アイルランド民謡~舞曲)4.銀の笛 (スコットランド民謡 / 訳詞yoko) 5.凛 (詞・曲 / ハシケン)

演奏のご依頼やCD『Leem』のご注文 お問合せはtakanoyoko☆gmail.com(☆→@)又は下のメールフォームからお願いします♪



facebook

恋ぬ花 (沖縄民謡)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ブログ内検索