FC2ブログ

蓮音日記

~うたと旅のつづれ織り~

2011-09-25 [ Sun ]
彼岸花
またの名を
曼珠沙華(まんじゅしゃげ)
サンスクリット語で 天界に咲く花
仏典には
「おめでたい事が起きる兆しに
 赤い花が天から降り落ちる」と

お隣の韓国では 想思華(サンシチョ)と呼ばれるらしい
花が咲く時には葉はなくて 葉っぱがある時は花はいない
「葉は花を思い、花は葉を思う」
   
どんなにお互いに 想いあっていても
共に生きれないこともある

切ないね

花言葉は
「情熱」「悲しい思い出」「想うはあなた一人」
とあった

一途やね

毒を秘めて ほとばしる情熱を
赤い炎のように 咲き散らす
この花の悲しみを知った


P9250091 (480x640)


スポンサーサイト



コメント

土曜日、お墓参りに行ったの。
高槻の高台にあるお墓で、近所にはたんぼがあって、
うまくいけば彼岸花が見られる。

今回、違うバス停を利用したため、確認できませんでした。

曼珠沙華、大好き。

日本人(とくに昔の人)は、忌み嫌う花だったんですよね。
お墓とかによく生育してるからか、球根(葉にも)に毒があることから
近寄らないようにしたのか・・・。
小さい頃、たくさん摘んで持ち帰ったら、捨てなさいと言われました。

仏典ではおめでたい花とされているのですか?

Re: きなこさま

> うちのお寺にもたくさんお墓参りに来られてました。
> 私もこの怪しく不思議な曼珠沙華 大好きです
>
> 仏典の方は白い曼珠沙華のこと書かれていて
> 彼岸花とは別の花という説も・・
>
> 反対に 死人花 地獄花、、不吉な異名もたくさんあって
> 謎めいてます
>
> あちらとこちらの世界の橋渡し的な
> 花のようにも感じますね

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hasunooto.blog109.fc2.com/tb.php/173-b72cea8e

 | HOME | 

2020-08

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

高野陽子(歌、ライアー、三線)

ケルトの国々や沖縄など様々な土地を訪れ、長い時を経て伝わる物語やメッセージを歌い継いでゆく‘旅する歌い人’。在学中よりバンドで歌い始め、1997年頃より演奏活動を始める。これまで数度に渡りアイルランド、スコットランドに長期滞在し伝統的な歌唱法を学ぶ。現地の教会やパブでの演奏も好評を得る。現在は様々な音楽ユニットやライアー(竪琴)や三線の弾き語りソロでも活動中。2010年1stCD「Leem」リリース。2015年関西ケルト/アイリッシュコンピCD「CELTSITTOLKE Vol.4」に参加。http://hasunooto.blog109.fc2.com/

1st CD 『Leem』発売中(全5曲¥1,200)


CD試聴

 Yoko Takano

Author: Yoko Takano
1.てぃんさぐぬ花 (沖縄民謡)2.Siuil a Run(アイルランド民謡)3.Down by the Sally Gardens ~Toss the Feathers ~Drowsy Maggie ( アイルランド民謡~舞曲)4.銀の笛 (スコットランド民謡 / 訳詞yoko) 5.凛 (詞・曲 / ハシケン)

演奏のご依頼やCD『Leem』のご注文 お問合せはtakanoyoko☆gmail.com(☆→@)又は下のメールフォームからお願いします♪



facebook

恋ぬ花 (沖縄民謡)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ブログ内検索