FC2ブログ

蓮音日記

~うたと旅のつづれ織り~

2012-11-03 [ Sat ]
ケルト文化が今も色濃く残る 大西洋に浮かぶアラン諸島
先史時代や私が惹かれてやまない初期キリスト教時代時代の遺跡の宝庫
アイルランド語(ゲール語)が日常的にも使われている

3つの島の中で一番大きな島 イニシュモア島は前回訪れたので
今回は一番小さな島 イニシィア島へ行くことにした


sea and a stone wall @Inisherr IMG_0727



島への行きかえりの船では とある妖精博士さんと一緒になった
彼は真ん中の島、古代遺跡の宝庫 イニシュマ-ン島へ
船内でちょっと不思議な光景をみたりした



アラン諸島の厳しい生活を描いたドキュメンタリー映画
『アランの男』はまだ見ていないけど、、、
アランのおじさんの馬車に乗って いざ島を探検

man of Aran IMG_0709




島中を巡らす石垣の風景の中にいると
ふと沖縄の八重山諸島を思い出した
世界は人知れず 静かに 
海の底でつながっているのかもしれない

horse kuekune IMG_0701



西の海の遥か彼方にあると言い伝わる楽園
ティル・ナ・ノーグ(常若の国)は見えるかな

rock window IMG_0723



高台から島を見守るお城

a stone wall@ Inis oirP1011156




私は愛の難破船…  

nannpasen IMG_0706



この静かな聖なる島を守る 勇敢なケルトの女神にみえた

goddess @Inisheer P1011137





ハイ・クロス(ケルト十字架)に出会うと ついつい惹きこまれていって

cross @Inis Oirr


ぼーっと佇んでしまう

high cross @Inis oir P1011173




島のパブに向かう途中 見上げれば丘の上にお月さん
ほとんど地元の人っぽくて ローカルな雰囲気がいいな~ 
この荒涼とした地で パブは心潤うオアシスのようだ 

Full Moon @Inis Oirr P1011143


パブからの帰り 真っ暗な夜の海の上を
満月の光が照らし出していて とても綺麗だった

B&Bは離れにあって 私以外誰もいない 
海鳴りがだんだん大きくなってきた
明日船は出るだろうか
やけに孤独を感じてしまって
めずらしく眠れない夜だった
へたれの私にはこの島は寂しすぎる…

パブの壁にかけてあったイニシュア島の古い写真
今よりもっと過酷な自然の中で
強く生き抜いてきた人達のことを想った



スポンサーサイト



コメント

お久しぶり。しばらく音沙汰がないと思ったら、素敵なところに行ってたんですね。またお話を聞かせて。
私は若い頃に友達と二人で、アラン島のニットを個人輸入で買ったことがある。今みたいにパソコンもnet販売もない、アナログな時代の話。今でも着てますが昨年から部屋着に降格(笑)。

きなこさま

大変ご無沙汰しております。アランニットの個人輸入、、さすが通ですね~
私もザックリあったかなアランニット欲しいのですが、
貧乏旅行の荷物に加えるには重すぎて いつも断念。
外出着に格上げしてまた一度お披露目してください笑

アラン諸島は、船のチケットを買ったのに、船が揺れそうで、直前にキャンセルして行けなかった軟弱者の私…。いつか行きたいところです。アランセーターだけは買いました。がばっとしたのは苦手なので子供用を。
八重山と言われると、白馬が水牛に見えてくる…(^^;)
月明かりに照らされた島はまさに妖精の世界だったのでしょうね。田舎に住んでから、月明の美しさを知りました。
 アイルランド紀行、続編を楽しみにしています。

manamiさん

行きの船は揺れに揺れて 酔いまくりでした…
この夜の月明かりは ぞくっとするほど美しかったのでした。
青白い妖精が出てきそうでした。
manamiさんお住まいのところも とても綺麗でしょうね。
便利さに慣れきってしまった下町者ですが 田舎暮らし憧れます。。、
アイルランド&ヘブリディズ諸島紀行 年内には書きあげたいところですが、、
気長におつきあいくださいませ<m(__)m>

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hasunooto.blog109.fc2.com/tb.php/218-642545ed

 | HOME | 

2020-08

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

高野陽子(歌、ライアー、三線)

ケルトの国々や沖縄など様々な土地を訪れ、長い時を経て伝わる物語やメッセージを歌い継いでゆく‘旅する歌い人’。在学中よりバンドで歌い始め、1997年頃より演奏活動を始める。これまで数度に渡りアイルランド、スコットランドに長期滞在し伝統的な歌唱法を学ぶ。現地の教会やパブでの演奏も好評を得る。現在は様々な音楽ユニットやライアー(竪琴)や三線の弾き語りソロでも活動中。2010年1stCD「Leem」リリース。2015年関西ケルト/アイリッシュコンピCD「CELTSITTOLKE Vol.4」に参加。http://hasunooto.blog109.fc2.com/

1st CD 『Leem』発売中(全5曲¥1,200)


CD試聴

 Yoko Takano

Author: Yoko Takano
1.てぃんさぐぬ花 (沖縄民謡)2.Siuil a Run(アイルランド民謡)3.Down by the Sally Gardens ~Toss the Feathers ~Drowsy Maggie ( アイルランド民謡~舞曲)4.銀の笛 (スコットランド民謡 / 訳詞yoko) 5.凛 (詞・曲 / ハシケン)

演奏のご依頼やCD『Leem』のご注文 お問合せはtakanoyoko☆gmail.com(☆→@)又は下のメールフォームからお願いします♪



facebook

恋ぬ花 (沖縄民謡)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ブログ内検索