FC2ブログ

蓮音日記

~うたと旅のつづれ織り~

2013-04-02 [ Tue ]
世界的なライアー奏者であるジョン・ビリング氏の来日にあたり
この度 大阪の島之内教会でライアーコンサートを開催いたします。

ジョンさんには昨年のアイルランド滞在中に大変お世話になりました。
(彼の滞在するキャンプヒル・コミュニティで過ごした日々は 本当に
忘れられない思い出です。ブログに書こうと思いながら、まだですが。。)


昨年 アイルランドのキャンプヒルにて撮影♪
john peint for blog




国の登録有形文化財でもある、素晴らしい響きの島之内教会の礼拝堂で  
天から降り注ぐような ジョンさんのライアーの癒しの音色を
どうぞ心ゆくまで ゆったりとお楽しみ下さい。
ライアーアンサンブル ジルフェさんと私、高野陽子も歌と三線で出演致します。
みなさまのご来場を 心よりお待ちしております♪♪





4/24(水)  in 島之内教会(長堀橋 徒歩3分)
昼の部:13:00開場 13:30開演
夜の部:18:00開場 18:30開演

【料金】 2000円(小・中学生は1000円)
(小学生未満のお子様のご入場は恐れ入りますがご遠慮願います)

【ご予約 お問い合わせ】
  高野 takanoyoko☆mail.goo.ne.jp(☆→@に変更下さい)
  松葉 chiolala☆gmail.com まで(☆→@)

※ライアーは古代文明に存在したという竪琴を原型にドイツのシュタイナー思想の教育の中でできた楽器で音楽療法などにも使われる。スタジオジブリの長編アニメーション映画「千と千尋の神隠し」のテーマ曲「いつも何度でも」で使われている竪琴の一種。


◆ジョン・ビリング プロフィール                         
1952年イギリスに生まれる。現アイルランド在住。24歳の頃、友人を通じてキャンプヒル共同体(治療教育施設)の活動を知り、そこで初めてライアーと出会う。イギリス、オーストラリアのシュタイナー学校で音楽教師を務めたのち、現在はキャンプヒル共同体での音楽活動を積極的に行いつつ、ライアー演奏家、作曲者として世界中をまわりながら活動を続けている。 HP http://www.johnlyre.co.uk/  

◆ライアー・アンサンブル・ジルフェ  Sylfe       
ジルフェとは「風の精」を表す。メンバー:伊藤美都子、川上邦子、日高智恵、松葉智穂、南かづ弥。2003年にライアーに出会い、心身ともに癒される音色にひかれたメンバーで活動開始。心の奥深いところに響くような、美しい音を届けることが出来ればと願いつつ、地域のデイサービスや子育て広場、学校、教会、科学館、奈良東大寺二月堂、東大寺福祉療育病院、天川神社奉納など様々な場所で演奏活動を続けている。 http://ameblo.jp/space-lala 

◆高野陽子(うた 沖縄三線)                        
ケルトの国々、沖縄の島々…様々な土地を訪れ、長い時を経て伝わる物語やメッセージを歌い継いでゆく、旅するうた人。ライアーや三線の弾き語り、アイリッシュバンドの他、様々なアーティストと共演。 2010年1st CD「Leem」発表。2012年ケルト伝承歌の研鑽の為アイルランド長期滞在。ジョンビリング氏とキャンプヒル共同体にてコンサート出演。
『蓮音日記~うたと旅のつづれ織り~』 http://hasunooto.blog109.fc2.com/ 


【会場】日本キリスト教団 島之内教会
地下鉄御堂筋線「心斎橋」駅 心斎橋筋出口 徒歩約7分
地下鉄堺筋線「長堀橋」駅 7番出口 徒歩約3分
大阪市中央区東心斎橋1-6-7 06-6271-8202 http://www.shimanouchi-church.org/ 



lyre concert for blog






スポンサーサイト



コメント

行きます!!いま、友人をお誘い中。

きなこさま

ありがとうございます!!!<m(__)m>
お待ちしてます~

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hasunooto.blog109.fc2.com/tb.php/244-bdb3cca5

 | HOME | 

2020-08

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

高野陽子(歌、ライアー、三線)

ケルトの国々や沖縄など様々な土地を訪れ、長い時を経て伝わる物語やメッセージを歌い継いでゆく‘旅する歌い人’。在学中よりバンドで歌い始め、1997年頃より演奏活動を始める。これまで数度に渡りアイルランド、スコットランドに長期滞在し伝統的な歌唱法を学ぶ。現地の教会やパブでの演奏も好評を得る。現在は様々な音楽ユニットやライアー(竪琴)や三線の弾き語りソロでも活動中。2010年1stCD「Leem」リリース。2015年関西ケルト/アイリッシュコンピCD「CELTSITTOLKE Vol.4」に参加。http://hasunooto.blog109.fc2.com/

1st CD 『Leem』発売中(全5曲¥1,200)


CD試聴

 Yoko Takano

Author: Yoko Takano
1.てぃんさぐぬ花 (沖縄民謡)2.Siuil a Run(アイルランド民謡)3.Down by the Sally Gardens ~Toss the Feathers ~Drowsy Maggie ( アイルランド民謡~舞曲)4.銀の笛 (スコットランド民謡 / 訳詞yoko) 5.凛 (詞・曲 / ハシケン)

演奏のご依頼やCD『Leem』のご注文 お問合せはtakanoyoko☆gmail.com(☆→@)又は下のメールフォームからお願いします♪



facebook

恋ぬ花 (沖縄民謡)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ブログ内検索