FC2ブログ

蓮音日記

~うたと旅のつづれ織り~

2013-04-08 [ Mon ]
嵐が去った後の 緑色の葉っぱが覗く
大きな一本の桜の木
足元には濡れた桜吹雪の絨毯

昭和初期に立てられた洋裁学校
妖精の出てきそうな裏庭に
ポツンと佇むテーブル
古びた納屋 
入口がわからない
レトロなカフェ

ここにくるといつも
時計が逆戻りしていくような
タイムスリップしたみたいな
不思議な感覚になる


学校の教室で行われていた
とっても素敵なライブ
日本語の詩ってやっぱりいいな

むかしアフリカを一緒に旅した
懐かしい大切な友と再会

美味しいお抹茶と桜餅を頂いて
お互いの近況を語りあう

立場や環境がすっかり変わっても
変わらないもので続くご縁が
本物のような気がする

桜の花びらが舞うこの季節
旧友との再会が続く


変わりゆく変わらないもの

大切にしたいもの


写真 (3)




スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hasunooto.blog109.fc2.com/tb.php/247-bdea3c48

 | HOME | 

2020-08

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

高野陽子(歌、ライアー、三線)

ケルトの国々や沖縄など様々な土地を訪れ、長い時を経て伝わる物語やメッセージを歌い継いでゆく‘旅する歌い人’。在学中よりバンドで歌い始め、1997年頃より演奏活動を始める。これまで数度に渡りアイルランド、スコットランドに長期滞在し伝統的な歌唱法を学ぶ。現地の教会やパブでの演奏も好評を得る。現在は様々な音楽ユニットやライアー(竪琴)や三線の弾き語りソロでも活動中。2010年1stCD「Leem」リリース。2015年関西ケルト/アイリッシュコンピCD「CELTSITTOLKE Vol.4」に参加。http://hasunooto.blog109.fc2.com/

1st CD 『Leem』発売中(全5曲¥1,200)


CD試聴

 Yoko Takano

Author: Yoko Takano
1.てぃんさぐぬ花 (沖縄民謡)2.Siuil a Run(アイルランド民謡)3.Down by the Sally Gardens ~Toss the Feathers ~Drowsy Maggie ( アイルランド民謡~舞曲)4.銀の笛 (スコットランド民謡 / 訳詞yoko) 5.凛 (詞・曲 / ハシケン)

演奏のご依頼やCD『Leem』のご注文 お問合せはtakanoyoko☆gmail.com(☆→@)又は下のメールフォームからお願いします♪



facebook

恋ぬ花 (沖縄民謡)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ブログ内検索