FC2ブログ

蓮音日記

~うたと旅のつづれ織り~

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-10-21 [ Mon ]
深まりゆく秋の空、ケルト暦の大晦日(ハロウィン)が近づいてきていますね
この日も夏至などと同じく、見えない世界とこちらの世界のベールが薄くなり
色んな精霊、妖精たちがやってくる日です。

11月2日 ケルト新年 Samhain(サーウィン)の夕べ 
     in Alchemic Space Star-Seed★星タネ 

主催のチナ☆ミッチェルさんとは英国グラストンベリーを一緒に旅しました。 
そして彼女はそれから、グラストンベリーに毎年2回通われ つい先日
Priestess of Goddess/Sister of Avalon の資格も取得されました!パチパチ!!

ますます女神パワーがアップされているチナ☆ミッチェルさんによる 
女神神殿 直伝の数々のセレモニーと 
わたくし高野陽子の歌とライアーのアコースティックライブ。

変容のケルティック☆ジャーニーをご一緒にいかがですか?
お席はあと若干名あります。ピンとこられた方はどうぞお早めに。
お待ちしております♪



2013samhain_omote_20131021122856c44.jpg
2013samhain_ura.jpg



☆≫≫― 11/2(土)ケルト新年 Samhain(サーウィン)の夕べ ―≪≪☆

ゲストに~旅するうた人~高野陽子さんをお迎えしてケルト新年を
お祝いするアコースティックライブ&セレモニーを開催します。

 竪琴とケルトの唄に誘われ 内なる世界へ旅をして
 変容の炎をくぐり 螺旋を抜けて 生まれ変わり
 新しい年に育てる「タネ」を見つけ 皆で新年と
 新しいスタートをお祝いしましょう~~~☆

◆・◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆・◆
    11月2日(土)ケルト新年を祝ううたとセレモニー      
      サーウィンの夕べ ~死と再生&変容~
◆・◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆・◆

 【日 程】 11月 2日(土)16:00~19:00 
       開場 15:30~ スタート 16:00~
 【参加費】 3,500円 (お茶&お茶菓子つき)
 【定 員】 9名
 【主宰&ご予約問合】 Alchemic Space Star-Seed★星タネ http://www.hoshitane.com/
       info@hoshitane.com
 【内 容】
  ・ウェルカムセレモニー&タオライアーの癒しの音色
  ・ケルトの歌と竪琴によるアコースティックライブ
  ・サーウィン<死と再生と変容>の季節の女神のセレモニー
  ・Avalonのお茶会 キャンドルの灯りの中でゆるりとした時間を

 大釜を使った炎のセレモニーと、意図や目標の「種撒き」をする
 サーウィンならではの神秘的な儀式です。

【場所】
大阪市城東区(予約完了後に場所の詳細をお知らせいたします)

【最寄駅】
地下鉄 今里筋線 『新森古市』駅(徒歩5分以内)
地下鉄谷町線・中央線・長堀鶴見緑地線・千日前線/JR東西線/
京阪電車と接続しています。


◆ゲストアーティストプロフィール ~旅するうた人~ 高野陽子◆ 
 ヴォーカル/ライアー(竪琴)&タオライアー(ヒーリングライアー)

 ケルトの国々、沖縄の島々など様々な土地を訪れ、
 物語唄、子守唄、祈唄など長い時を経て伝わる物語や
 メッセージを声に乗せ、歌い継いでゆく。
 ライアー(竪琴)や沖縄三線を片手にソロ活動の他、
 アイリッシュバンドや様々なユニットに参加。
 2010年1stアルバム「 Leemリーム 」を発表。 
 2012年、アイルランド、スコットランドに長期滞在。
 ケルトの伝承歌の研鑽を積む。

 Blog:『蓮音日記~うたと旅のつづれ織り~』
 http://hasunooto.blog109.fc2.com/

サーウィンとは ⇒http://isisspiral.269g.net/article/17375989.html

サーウィンは闇(インナーワールド)と向き合う時季。
意識に新しい「タネ」を撒くのに最適な季節です♪

ケルト新年~冬至に向けて 最も夜の闇が深まる時期です。
闇が深まる時期 それは普段は 見えない内側(闇)=潜在意識
に眠っているものをみつけるチャンスなのです。
変容の大釜(Cauldron)で不要なエネルギーや
手放すべきものを焼き払い、新しい年に育てる
ヴィジョンの種を見出しましょう^^

Ceremonialist China☆Michelle 
Priestess of Goddess/Sister of Avalon
*Glastonbury Goddess Temple




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hasunooto.blog109.fc2.com/tb.php/276-9e78e308

 | HOME | 

2018-12

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

高野陽子(歌、ライアー、三線)

ケルトの国々や沖縄など様々な土地を訪れ、長い時を経て伝わる物語やメッセージを歌い継いでゆく‘旅する歌い人’。在学中よりバンドで歌い始め、1997年頃より演奏活動を始める。これまで数度に渡りアイルランド、スコットランドに長期滞在し伝統的な歌唱法を学ぶ。現地の教会やパブでの演奏も好評を得る。現在は様々な音楽ユニットやライアー(竪琴)や三線の弾き語りソロでも活動中。2010年1stCD「Leem」リリース。2015年関西ケルト/アイリッシュコンピCD「CELTSITTOLKE Vol.4」に参加。http://hasunooto.blog109.fc2.com/

1st CD 『Leem』発売中(全5曲¥1,200)


CD試聴

 Yoko Takano

Author: Yoko Takano
1.てぃんさぐぬ花 (沖縄民謡)2.Siuil a Run(アイルランド民謡)3.Down by the Sally Gardens ~Toss the Feathers ~Drowsy Maggie ( アイルランド民謡~舞曲)4.銀の笛 (スコットランド民謡 / 訳詞yoko) 5.凛 (詞・曲 / ハシケン)

演奏のご依頼やCD『Leem』のご注文 お問合せはtakanoyoko☆gmail.com(☆→@)又は下のメールフォームからお願いします♪



facebook

恋ぬ花 (沖縄民謡)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。