FC2ブログ

蓮音日記

~うたと旅のつづれ織り~

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-11-12 [ Tue ]
急に寒くなりました。これから冬至に向かって
闇がどんどん深まっていく季節ですね。


先日の『ケルト新年・サーウィンの夕べ』濃厚な宴となりました。
ご来場下さった皆様 ありがとうございました。


主宰の星タネ China☆Michelleさんによる
いつもながら素敵なコーディネイトの祭壇。
サーウィンの季節のテーマカラーは黒と紫。

P1012984 saidan サーウィン


タオ・ライアーでみなさまをお出迎え、そして
ライアーとバウロンでケルトの歌世界を旅して頂きました。
P1012986 tao


2部はチナ☆ミッチェルさんによる変容の大釜(Cauldron)の儀式。
英国グラストンベリーのPriestess of Goddessになられてから
の初めてのセレモニー。さすが、とっても深い内容でした。

それぞれ手放すべきものを書いた紙を大釜で燃やし
そして新しい年のビジョンを宣言して種を撒く。。
(私もメラメラと要らないものを焼き払ってきましたよー。)
グラストンベリーからの聖火リレーも。。

P1012996 candle kurame



セレモニーの間、みなさんで『Cauldron(変容の大釜)』の歌を
ずっと歌い続けました。(みなさんとても覚えが早く声もパワフル♪)
シンプルな旋律をみんなで繰り返し歌うことで得られる
螺旋を描くようなグルーヴ、高揚感♪心地よかったです。

P1013014 yoko samhain blog小



サーウィンの季節の女神 老婆ケルドウェン
China☆Michell & お手伝いして下さったShuさん
魔法使いの兄弟みたい☆ありがとうございました!
P1012999 chinamiandsyu



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hasunooto.blog109.fc2.com/tb.php/280-cb943a2c

 | HOME | 

2018-11

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

高野陽子(歌、ライアー、三線)

ケルトの国々や沖縄など様々な土地を訪れ、長い時を経て伝わる物語やメッセージを歌い継いでゆく‘旅する歌い人’。在学中よりバンドで歌い始め、1997年頃より演奏活動を始める。これまで数度に渡りアイルランド、スコットランドに長期滞在し伝統的な歌唱法を学ぶ。現地の教会やパブでの演奏も好評を得る。現在は様々な音楽ユニットやライアー(竪琴)や三線の弾き語りソロでも活動中。2010年1stCD「Leem」リリース。2015年関西ケルト/アイリッシュコンピCD「CELTSITTOLKE Vol.4」に参加。http://hasunooto.blog109.fc2.com/

1st CD 『Leem』発売中(全5曲¥1,200)


CD試聴

 Yoko Takano

Author: Yoko Takano
1.てぃんさぐぬ花 (沖縄民謡)2.Siuil a Run(アイルランド民謡)3.Down by the Sally Gardens ~Toss the Feathers ~Drowsy Maggie ( アイルランド民謡~舞曲)4.銀の笛 (スコットランド民謡 / 訳詞yoko) 5.凛 (詞・曲 / ハシケン)

演奏のご依頼やCD『Leem』のご注文 お問合せはtakanoyoko☆gmail.com(☆→@)又は下のメールフォームからお願いします♪



facebook

恋ぬ花 (沖縄民謡)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。