蓮音日記

~うたと旅のつづれ織り~

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-11-22 [ Fri ]
関東遠征から帰ってきました。帰り、桃の飛行機、乗り遅れるという 
相変わらずの大ポカぶりで、一日遅れの帰阪でしたが、、
素晴らしい出会いと 心あたたまる再会の連続で
濃厚で充実した うた旅 となりました。


11月16日は東京オペラシティの近江楽堂で開催された
守安功・雅子氏&ショーン・ライアン来日特別コンサートへ。

ショーン・ライアンさんは天皇皇后両陛下のアイルランド訪問の際、
政府から御前演奏の音楽家にも選ばれたホイッスル(たて笛)の名手。
「アイルランドで最も幽霊の出るお城」として有名なレップ城に住んでおられます。


天井が高く 生音でも素晴らしい響きの近江楽堂でのリハーサル風景。
(本番の写真は残念ながら 撮影できませんでした)

ショーン守安さんリハ

コンサートはお昼の部も夜の部も満席!
守安さんの楽しいトークとアイルランドの風景を思い出させてくれる
素晴らしい演奏にトキメキと懐かしさで胸いっぱいになりました。
とりわけお昼の部の『愛のグラウンド』は
心の琴線に触れて涙・・
別の曲で号泣のお客さんも・・


実は私もゲストでちょこっと出演させて頂きました。
歌も味わい深く素晴らしいショーンさんとご一緒に
アイルランド民謡の『サリーガーデン』を♪
そうそう、これこれ!本家本物、あのアイルランドの生こぶし!
去年アイルランドでのパブで聴いた たくさんの歌名人さん達との
シンギング・セッションのシーンがよみがえる。



ショーンサリーリハ


終演後 ショーンさんとパチリ☆
仙人のような風貌のシャイなショーンさんですが
お酒を飲まれると雄弁になられるとか、、
今度機会があれば 晩酌させていただきたい笑
fc2blog_20131121234302e57.jpg


礼拝堂のような近江楽堂には 二人の女神さま(マリアさま?)がおられて
あたたかい慈悲深いまなざしで見守ってくれていました。
近江楽堂女神



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hasunooto.blog109.fc2.com/tb.php/282-0962d546

 | HOME | 

2018-07

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

高野陽子(歌、ライアー、三線)

ケルトの国々や沖縄など様々な土地を訪れ、長い時を経て伝わる物語やメッセージを歌い継いでゆく‘旅する歌い人’。在学中よりバンドで歌い始め、1997年頃より演奏活動を始める。これまで数度に渡りアイルランド、スコットランドに長期滞在し伝統的な歌唱法を学ぶ。現地の教会やパブでの演奏も好評を得る。現在は様々な音楽ユニットやライアー(竪琴)や三線の弾き語りソロでも活動中。2010年1stCD「Leem」リリース。2015年関西ケルト/アイリッシュコンピCD「CELTSITTOLKE Vol.4」に参加。http://hasunooto.blog109.fc2.com/

1st CD 『Leem』発売中(全5曲¥1,200)


CD試聴

 Yoko Takano

Author: Yoko Takano
1.てぃんさぐぬ花 (沖縄民謡)2.Siuil a Run(アイルランド民謡)3.Down by the Sally Gardens ~Toss the Feathers ~Drowsy Maggie ( アイルランド民謡~舞曲)4.銀の笛 (スコットランド民謡 / 訳詞yoko) 5.凛 (詞・曲 / ハシケン)

演奏のご依頼やCD『Leem』のご注文 お問合せはtakanoyoko☆gmail.com(☆→@)又は下のメールフォームからお願いします♪



facebook

恋ぬ花 (沖縄民謡)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。