FC2ブログ

蓮音日記

~うたと旅のつづれ織り~

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014-01-05 [ Sun ]
あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

201401042325009ba_2014010423381811f.jpg


さてさて 2014年がはじまりました。新春初の公演は
大阪案内人 西俣稔さんとのコラボレーション♪
1月25(土)夜『新春☆音楽と歴史の福袋』@天六『浮世小路』
→おかげさまで満席となりました。ありがとうございます。


西俣稔さんは毎日新聞大阪版 木曜日朝刊『わが町にも歴史あり』
にも連載されている大阪案内人です。
NHK、毎日、よみうりなど各文化センターや大学などでも
講師として古地図を手に大阪の歴史を語り、実際に街を案内されています。

518493.jpg


本当にいつもお話を聞いていると、その知識の豊富さと大阪への愛情に脱帽!
『へぇ~っっ』』が何度も口から思わず出てきます。
(私、生粋の大阪人なのに大阪のこと 全くしらない・・・)

会場は西俣さんが昨年の4月、天六にオープンされた酒処「浮世小路(うきよしょうじ)」さん。
江戸風味あふれる隠れ家的な酒処(バー)で さすが西俣さん繋がりの
個性的で面白い方々(西俣さん曰く、けったいな人)が集う語り場でもあります。

美味しいお弁当と1ドリンクもついてて2500円!
超お買い得な(笑)福袋ですよ~

今年の皆様のご多幸を願って 音楽と歴史のいっぱい詰まった
『福☆』をお持ち帰り頂ければと思います♪♪


☆☆☆☆☆


『新春☆音楽と歴史の福袋』
  ~大阪案内人 西俣稔が語る天満の歴史&
    大阪ケルト歌姫 高野陽子ライブ~
           
2014年 1月25日(土)18:00開場 18:30開演(※要予約) 
【料金】2500円(浮世弁当 1ドリンクつき)
【予約・問合】 西俣 稔 080-1490-1515
        email: annai_m_m☆yahoo.co.jp (☆→@)
        または当ブログのメールフォームにて


【第一部】 大阪案内人 西俣 稔による
       ~韓国打楽器 チャンゴ演奏&
         古地図を手に大阪、天満の歴史を語る~

【第二部】 旅するうた人 高野 陽子 トーク・ライブ
       ~うた、ライアー(竪琴)、沖縄三線で紡ぐ
         アイルランドや沖縄の民謡とお話~


【出演者プロフィール】

◆西俣 稔 大阪案内人・酒処「浮世小路」店長 
大阪と京都だけがなぜ「府」?大阪の地名の由来は?和泉の「和」はなぜ付いている?放出(はなてん)、柴(くに)島(じま)、立売(いたち)堀(ぼり)、杭(く)全(また)など難読地名の由来は?等々の疑問を紐解き、江戸時代の古地図を手に大阪のまちを案内している。きっかけは、20年ほど前に大阪市北区の歴史探訪に参加した時に大阪の素晴らしさに感動し、自ら大阪を歩き、調べ案内し「大阪案内人」を自称するようになる。歴史を過去のものとせず、現在から未来へ繋がるものとの視点で語りコラムを書き、大阪の歴史案内や講演、執筆活動を精力的におこなっている。2013年4月、大阪市北区天神橋筋5丁目にて、様々な分野の方が集う酒処(バー)「浮世小路」をオープン。


◆高野 陽子 ~うた ライアー(竪琴)三線~ 
アイルランド、スコットランドなどのケルトの国々、沖縄の島々をはじめ、様々な土地を旅する中で出会った、遥か時を経て各地に伝わる人々の暮らしや祈りから生まれた歌、神話や先人達からのメッセージを未来へと歌い継いでゆく。
ライアー(竪琴)や沖縄三線の弾き語りの他、ケルト音楽ユニットや語り部、舞人、料理人などとのコラボレーションも多数。2010年ファーストCD 『Leem』リリース。
寺社仏閣、教会、ホール、カフェ、バーなど様々な場所でご縁に導かれながら音楽、歌を通じて人と人、天と地を結ぶ。H.P『蓮音日記~うたと旅のつづれ織り~』http://hasunooto.blog109.fc2.com/

般若小三線ライア神様倶楽部


【ところ】 酒処『浮世小路』

大阪市北区天神橋筋5-8-9 山武ビル3階
地下鉄谷町線 天神橋筋六丁目 12番出口 徒歩1分
地下鉄堺筋線 扇町駅 徒歩5分 JR天満駅 徒歩5分
(18時半~0時 水曜定休 店内禁煙)

(クリックすると大きくなります)
浮世小路地図





スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hasunooto.blog109.fc2.com/tb.php/290-aed5f0c7

 | HOME | 

2018-11

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

高野陽子(歌、ライアー、三線)

ケルトの国々や沖縄など様々な土地を訪れ、長い時を経て伝わる物語やメッセージを歌い継いでゆく‘旅する歌い人’。在学中よりバンドで歌い始め、1997年頃より演奏活動を始める。これまで数度に渡りアイルランド、スコットランドに長期滞在し伝統的な歌唱法を学ぶ。現地の教会やパブでの演奏も好評を得る。現在は様々な音楽ユニットやライアー(竪琴)や三線の弾き語りソロでも活動中。2010年1stCD「Leem」リリース。2015年関西ケルト/アイリッシュコンピCD「CELTSITTOLKE Vol.4」に参加。http://hasunooto.blog109.fc2.com/

1st CD 『Leem』発売中(全5曲¥1,200)


CD試聴

 Yoko Takano

Author: Yoko Takano
1.てぃんさぐぬ花 (沖縄民謡)2.Siuil a Run(アイルランド民謡)3.Down by the Sally Gardens ~Toss the Feathers ~Drowsy Maggie ( アイルランド民謡~舞曲)4.銀の笛 (スコットランド民謡 / 訳詞yoko) 5.凛 (詞・曲 / ハシケン)

演奏のご依頼やCD『Leem』のご注文 お問合せはtakanoyoko☆gmail.com(☆→@)又は下のメールフォームからお願いします♪



facebook

恋ぬ花 (沖縄民謡)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。