FC2ブログ

蓮音日記

~うたと旅のつづれ織り~

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014-03-23 [ Sun ]
『ジョンビリング×高野陽子 ライアーと歌とアイルランドの風』
たくさんの方にご来場いただき、盛況に終わることができました。
お客様、ギャラリーオーナー夫妻 スタッフの皆様、ありがとうございました。

昨年の島之内教会でのジョイント・コンサートから約一年ぶり。
今回の会場KATACHI さんは、古民家を改造された一軒家の
アットホームなカフェ・ギャラリーです。

天然木と白壁に包まれたナチュラルな空間に、オーナーご夫妻のセンスが光る
ヴィンテージものや、デザイナーでもある奥様の作品が素敵に溶け合っています♪

P1013317 torimigP1013311 toriming


オープニングは私のアカペラによる沖縄とアイルランドの古い民謡で。
P1013321 toriming


ジョンさんのライアー独奏。オキャロランのアイルランドの曲や
オリジナルの東北への鎮魂の曲、そしてかの名曲『言葉のないラブソング』などなど。
至近距離で、しかも生音で聴く世界的なライアー奏者の演奏に
お客さまもぐっと聴き入っておられた様子でした。
IMG_4939 toriming



ブレイクタイムを挟んで、私のスライド・ショーのコーナー。
相変わらずの拙いトークにも熱心に耳を傾けて下さり、
時々笑って下さった温かいお客様、ありがとうございました。
(とりあえず一回でも笑ってもらえると安心する関西人の悲しい性(笑)


ジョンとヨーコのアイルランド珍道中…
あの有名なカップルにかけていたつもりなんですが、、笑
IMG_1847s.jpg


2012年夏のアイルランド滞在中、思わぬ展開でジョンさんと再会することになり、
案内して頂いた2か所のキャンプヒル
(シュタイナー思想に基づいた障害を持つ人達と
そうでない人達が共に働き、家族のように暮らすコミュニティ)
で過ごした日々のことを中心にお話させて頂きました。

当時長~いトンネルの暗闇の中で出口が見えずにいた私にとって、
家族って、、何? 人と本気で関わることって・・・?
キャンプヒルで暮らす様々な背景を持つ人達との出会いを通じて、
ほんとうに色々な想いに包まれ、考えさせられました。
貴重な機会を与えて下さったジョン氏に本当に感謝です。


ジョン先生についてライアー修行…ではなくパン修行の日々?
P1013338 toriming


三線と唄とのコラボでは ライアーの音色がまるで琴のように
和風味を帯びて聴こえてくるから あら不思議。。
沖縄民謡やケルト民謡に素敵なアレンジで伴奏をつけて下さいました。
13952148971480 triming


ジョンさんのライアー癒しの音シャワーを間近に浴びて歌えるこの幸せ~
生音の波動が伝わり、胸の奥のほうが本当にじぃーんと温かくなってきます。
すごいです。やっぱり音楽の神さまが宿ってらっしゃる方です♪ 
ライアー三線2


ライブ後の懇親会では ネリキッチンさんの美味しい野菜料理と♪
インドをはじめ外国のお客様もチラチラいらして 
なんだかワールドワイドな会でした。
ああ・・・英語が・・・

IMG_1866s torimingP1013378 toriming2

ジョン・ビリング氏 この秋にも来日ツアーの予定♪
また詳細がわかり次第、このブログでもお伝えしますね~。

(写真を提供して下さったみなさま ありがとうございました)




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hasunooto.blog109.fc2.com/tb.php/298-4f0fd62a

 | HOME | 

2018-09

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

高野陽子(歌、ライアー、三線)

ケルトの国々や沖縄など様々な土地を訪れ、長い時を経て伝わる物語やメッセージを歌い継いでゆく‘旅する歌い人’。在学中よりバンドで歌い始め、1997年頃より演奏活動を始める。これまで数度に渡りアイルランド、スコットランドに長期滞在し伝統的な歌唱法を学ぶ。現地の教会やパブでの演奏も好評を得る。現在は様々な音楽ユニットやライアー(竪琴)や三線の弾き語りソロでも活動中。2010年1stCD「Leem」リリース。2015年関西ケルト/アイリッシュコンピCD「CELTSITTOLKE Vol.4」に参加。http://hasunooto.blog109.fc2.com/

1st CD 『Leem』発売中(全5曲¥1,200)


CD試聴

 Yoko Takano

Author: Yoko Takano
1.てぃんさぐぬ花 (沖縄民謡)2.Siuil a Run(アイルランド民謡)3.Down by the Sally Gardens ~Toss the Feathers ~Drowsy Maggie ( アイルランド民謡~舞曲)4.銀の笛 (スコットランド民謡 / 訳詞yoko) 5.凛 (詞・曲 / ハシケン)

演奏のご依頼やCD『Leem』のご注文 お問合せはtakanoyoko☆gmail.com(☆→@)又は下のメールフォームからお願いします♪



facebook

恋ぬ花 (沖縄民謡)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。