FC2ブログ

蓮音日記

~うたと旅のつづれ織り~

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014-09-04 [ Thu ]
滞在中 雨が多かったけど この日 やっと青い海が♪
若松島の『キリシタン洞窟』へ。断崖絶壁で陸路ではいけない場所。
宿の人に教えてもらった祥福丸さんに船を出してもらい案内して頂いた。
祥福丸

祥福丸さんの船長 Sさんは『隠れキリシタン』の末裔。
9代目神父さんでもある。乗客私ひとり。色々お話を伺うことができた。
坂井さん


船内の物置の白壁に 浮かび上がったという、、マリア観音さま。
『ここが礼拝堂みたいなものだよと』とSさん。
『隠れキリシタン』の人達は教会には通わず ミサもご自宅でされるらしい。
オラショという独特のお祈りの言葉を 初めて聞かせて頂いた。
隠れマリア観音

洞窟のマリア

洞窟の入り口に上陸。明治のキリシタン弾圧から逃れる為に
3家族が洞窟に隠れて 暮らしていたという。
けれども食事を作る際の煙で見つかってしまい
ひどい拷問を受けられたたという。。

キリシタン洞窟1

ひんやりとした洞窟の中は 意外と広かった。
キリシタン洞窟2

命がけで信仰を守られた人たちの神聖な場。
とても厳粛な気持ちに包まれた。
キリシタン洞窟中

隠れキリシタンの人達は 表向き仏教徒としてふるまい
マリア様を観音様に見立てたり(マリア観音)
キリスト像と伝わるのがチョンマゲの男子像だったり
祖先崇拝や神道の影響も受けていたりで 
口伝えで継承されてきた かなり独特なカオス信仰世界だ・・。
(私の部屋の祭壇も 弁財天に仏様、マリア様、ケルトの女神、、カオスだけど笑)

もう隠れる必要がないのだから カトリックの人達には
教会に帰ってきなさい と言われるらしい。

穏やかで優しいお人柄のSさんだけど 
カトリックとカクレの信仰は違うとハッキリ仰っていた。
その語り口調から ご先祖さん達が命がけで守ってきた
秘儀的な信仰形態をそのまま大切に守り、
伝えていく使命感、強いご意志を感じた。
貴重なお話を聞かせて頂いた Sさんに感謝。


若松島の土井ノ浦教会。 一番しっくりきた教会。
移動日でライアーを連れてきてたので 奏でてみた。
いつもより やさしい音色がした気がした。


土井浦教会


最後の日 中通島に里帰りして実家のお仕事を手伝っていた
お友達のYさんとタイミングがあって 居酒屋さんへ。
名物の五島うどん。 つるつるのど越し美味~
五島うどん

実は彼女の実家は常楽院という禅宗のお寺。
一曲 仏さんの前でも奉納させて頂いた。
五島の海の幸いっぱいの美味しいご飯を馳走になったり
車で近くの教会などにも連れて行ってもらい  大感謝! 
常楽院奉納


五島ラストナイト、有川のジョージハウスというバーに。
関西から里帰り中のミュージシャンがライブをされていた。
ジョージハウス店内


流れで 上五島ロックンロール協会という
音楽好きのかっこいいチョイワルオヤジ?様たちの
輪の中に入れてもらうことになり、、、
(上五島のローカルネタが満載でおもしろかった)

流れで、 私も歌わせてもらうことになり・・
(マスターも実はミュージシャンだった、、)
ジョージハウスマスター

今回の旅は ひとりで教会を巡り、宿にまっすぐ帰って
ひとりで夜ご飯という  静かな時間の流れが多かったので、
最後の日は もう はじける?笑
有川で魚屋さんをされてる方から雲丹の飛び入り差し入れ!
これを即席でマスターが 創作おすしに!感動の味だった・・
ひとりの時間も好きだけど 人との触れ合いがあると
旅の思い出は よりいっそうキラキラになる。


宇宙人陶芸家のAさん曰く 五島はたくさんの精霊たちに
大切に守られている島らしい。

まだまだ 観光地化されてなくて  
オシャレなカフェとかも皆無だけど
手つかずの自然と 古い教会が残る
素朴な美しい 祈りの島。
今 世界遺産登録申請への取り組みがすすんでいってる。
今後 どうなっていくのかな。
再訪したい島が また ひとつできた。


五島海1






スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hasunooto.blog109.fc2.com/tb.php/319-6d6b77c7

 | HOME | 

2018-10

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

高野陽子(歌、ライアー、三線)

ケルトの国々や沖縄など様々な土地を訪れ、長い時を経て伝わる物語やメッセージを歌い継いでゆく‘旅する歌い人’。在学中よりバンドで歌い始め、1997年頃より演奏活動を始める。これまで数度に渡りアイルランド、スコットランドに長期滞在し伝統的な歌唱法を学ぶ。現地の教会やパブでの演奏も好評を得る。現在は様々な音楽ユニットやライアー(竪琴)や三線の弾き語りソロでも活動中。2010年1stCD「Leem」リリース。2015年関西ケルト/アイリッシュコンピCD「CELTSITTOLKE Vol.4」に参加。http://hasunooto.blog109.fc2.com/

1st CD 『Leem』発売中(全5曲¥1,200)


CD試聴

 Yoko Takano

Author: Yoko Takano
1.てぃんさぐぬ花 (沖縄民謡)2.Siuil a Run(アイルランド民謡)3.Down by the Sally Gardens ~Toss the Feathers ~Drowsy Maggie ( アイルランド民謡~舞曲)4.銀の笛 (スコットランド民謡 / 訳詞yoko) 5.凛 (詞・曲 / ハシケン)

演奏のご依頼やCD『Leem』のご注文 お問合せはtakanoyoko☆gmail.com(☆→@)又は下のメールフォームからお願いします♪



facebook

恋ぬ花 (沖縄民謡)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。