蓮音日記

~うたと旅のつづれ織り~

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015-12-01 [ Tue ]
あっという間に師走。アイルランドから帰国後、様々な共演者の方々との
ライブ御礼日記も書ける時間がとれずですが、、、おかげさまですべて盛況に終わりました。
ご来場くださったみなさまありがとうございました。
2015年中にライブレポと旅レポ、ブログにアップします!←(誓言して追い込みます笑)

12月の出演予定です。お忙しい時期ですがぜひぜひお越しくださいね。

ケルト音楽ユニット マスカーズ定例ライブ!もちろん、クリスマスキャロルも☆
◆12/11(金)アイリッシュ・パブ  カプリシカ定例ライブ 
1st 21:00~、2nd 22:00~
  出演: Maskers マスカーズ 
 
吉田文夫(アコーディオン、コンサーティーナ 歌) kumi (アイリッシュハープ)   高野陽子(ヴォーカル、バウロン)  
西宮市甲風園1-4-15-2F  阪急 西宮北口駅 北西出口より徒歩 3分 0798-66-5399


【マスカーズ プロフィール】
アイリッシュ・パブでの共演を機に、2014年からトリオでの活動を開始。元々、それぞれがアイルランドやスコットランドの伝承曲をレパートリーとしていたが、曲やアレンジに共通の好みを感じて意気投合。高野陽子の歌にkumiのハープ伴奏をメイン に、時に吉田がヴォーカルに加わり、また蛇腹楽器をメインにした様々なダンス音楽等、インストものも得意とする。        
201501260551209ab.jpg


アイリッシュハープのKUMIさんと素敵なフレンチ懐石レストランで クリスマス☆ディナーショー♪
◆12/23(祝)『ハープと歌で綴る ケルティック クリスマス★ディナーコンサート』
19:00~ディナー 20:30 ~コンサート

出演: kumi  (アイリッシュ・ハープ)    高野陽子(歌 ライアー)
料金: 7000円 洋風懐石フルコース(お野菜のみの対応もできます)
(前菜、スープ、パン、ポム・ド・名物じゃがいも饅頭、メイン料理、デザート、珈琲)
場所:Pomme de katayama ポム・ド・カタヤマ
   大阪市中央区南船場2-2-28順慶ビル102   06-6266-3739
   http://www.webstar-jpn.com/katayama/top.html
  地下鉄御堂筋線 心斎橋駅から7分    堺筋線長堀橋駅から3分

豊中ロマンティック街道にて、25年間優雅な集いの場所として愛されてきたフレンチ懐石のお店『ポム・ド・テール』さん。 現在は大阪南船場の『ポム・ド・カタヤマ』としてオープン。バターや生クリームは極力使わず、旬の食材を贅沢に使用した、お箸で頂く、片山シェフのスペシャル洋風懐石ディナーと心癒すケルト音楽やヨーロッパのクリスマスキャロルとの至極のハーモニーで、優雅で楽しいクリスマスのひと時をどうぞ♪


共演者プロフィール
◆kumi (ハープ) 
幼少よりピアノを始め、キーボードで様々なジャンルのバンド活動に参加。その後、アーサー王伝説~ケルト文化に興味を持ち、アイリッシュハープを学ぶ。1999年から始めた女性ハープデュオユニット、Harper's Cafe名義で2012年CDを製作。
関西のケルト系ユニットのコンピレーションCD、「ケルトシットルケVol.1、3」に参加。
現在Harper's Cafeのほか、様々なユニットで演奏活動中。http://harperscafe.blog.fc2.com/

(クリックすると大きくなります)
20151223ポムドカタヤマ中サイズブログ


◆12/27(日)『ボトムズLive』 @十三トリスバー北新地 Vol.5
18:30オープン 19:00スタート  ¥3000 (1ドリンク付 要予約 定員20名)
十三トリスバー北新地、大阪市北区曾根崎新地1-3-30、KOHDAビル1F (堂島アバンザ北出口前)
ご予約:高野 takanoyoko@gmail.com  または十三トリス 0661472613 まで

今年最後の十三トリスバー@北新地ライブ! ゲストに私が2000年結成時から5年間在籍していた
ゴスペルクワイアEverlasting Joy で一緒に歌っていた素晴らしいミュージシャン達を迎えてのライブです!
久しぶりにゴスペルを聴きなおしていると 当時の思い出が蘇り、懐かしくてじぃーん・・
懐かしの70’s 80’sの洋楽Pops、R&B、ゴスペルなども久しぶりに歌います♪
十三トリスバーの美味しいお酒とお食事と共に、楽しい年忘れライブを♪


共演者プロフィール
◆ 片山 りつこ(ヴォーカル) 

阪神間でゴスペルを指導する、現役で活躍するプロのゴスペル・ソウルシンガー。
6歳よりピアノを学び、10代前半よりブラックミュージックに傾倒し、バンド活動を始める。
10代後半より、ゴスペルに触れ、本格的にゴスペルの活動を始める。
本場のゴスペルを学びたい一心で、単独で渡米を重ね黒人教会に通い、ゴスペル唱法を学ぶ。
帰国後、大阪のゴスペルグループに所属し、数々のコンサートやイベントに参加する。
2008年には、スポーツニッポン新聞社主催の「ゴスペル・アワーズ2008」でベストソリスト賞を受賞。
また、Katsuが代表を務めるゴスペルグループ“JACOO”(ジャコー)のメンバーで、積極的に関西でゴスペルコンサートを行っている。ゴスペルの活動と平行して個人のソロコンサートも積極的に行っている。The Faith Mass Choir(ザ・フェイスマスクワイア)講師。

auto_Kecl4r.png


◆ 崎原 孝彦 (ヴォーカル)
高校卒業後ニューヨークに二年滞在し、本場のブラックミュージックに触れる。
帰国後某音学事務所に所属しアカペラアグループで活動を経て現在プロのゴスペルソリストとして活躍中。
Katsu氏が代表を務めるゴスペルグループ“Jacoo”、また関西で活躍しているゴスペルグループ“Everlasting Joy”のテナーを担う。 同時にR&Bデュオやソロボーカリストとしても活動中。The Faith Mass Choir(ザ・フェイスマスクワイア)講師。

s_664463_521250747885987_403109832_o.png


◆長谷川昇 (ギター)
幼少期に両親がクラシック好きでバイオリンを与えられたことから音楽に親しみ、その後中学でギターに転向、80年代中期の新旧雑多な音楽環境に感化され高校進学時にベースへと転向する。 大学進学時に京都へ移住。自力で基礎を習得し90年代半ばよりプロミュージシャンとしてのキャリアをスタートさせる。
ベーシストとして、ロック・ジャズ・クロスオーバー・モダンゴスペル・ブラジル・ポップス・アフリカンロックとそのプレイするジャンルは幅広く、現在、オリジナル・ジャズ・バンド"Vermilion Field"、アフリカの音楽をベースに独自の音楽を展開する"SAKAKI MANGO&LIMBA TRAIN SOUND SYSTEM"などのメンバーとして、また、関西屈指のゴスペルクワイア"Everlasting Joy"のレギュラーサポートをはじめ様々なシーンで活躍。「School of Music Plan」(旧「AN Music School Kyoto」)講師。
作編曲、プロデュースもこなし、エキサイティングなステージワークと、表情豊かな歌心のあるベースプレイに定評がある。

ハッセーブログ用



2016年~出没予告 (詳細は後日アップします♪)

◆1月11(月・祝)15時~おうたとらくごとおやつの会@くじらくも(JR生瀬駅徒歩6分)
◆1月16(土)内代Katachiスタイル 投銭ライブ 14:30~ 17:00~  2ステージ 
       cafe&gallary katachi(KATACHIカフェ) http://katachi2013.com/ けい
◆1月23(土) 東京 
◆1月26(火)14時~  ヘナ&タオライアーセラピー
             @la tearra(阪神甲子園)徒歩5分  http://latierra.cc/

◆2月6(土) お話とハープとうたの会(仮題) 15時~
  共演: 高畑吉男(語り)&Harpers Cafe(アイリッシュ・ハープ) @芦屋川 花鏡園
◆2月7(日)インボルク祭~吟遊詩人達との夕べ~(仮題) 
 共演: 高畑吉男 @星タネ(大阪 新森古市)







スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hasunooto.blog109.fc2.com/tb.php/350-7ef557a6

 | HOME | 

2018-05

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

高野陽子(歌、ライアー、三線)

ケルトの国々や沖縄など様々な土地を訪れ、長い時を経て伝わる物語やメッセージを歌い継いでゆく‘旅する歌い人’。在学中よりバンドで歌い始め、1997年頃より演奏活動を始める。これまで数度に渡りアイルランド、スコットランドに長期滞在し伝統的な歌唱法を学ぶ。現地の教会やパブでの演奏も好評を得る。現在は様々な音楽ユニットやライアー(竪琴)や三線の弾き語りソロでも活動中。2010年1stCD「Leem」リリース。2015年関西ケルト/アイリッシュコンピCD「CELTSITTOLKE Vol.4」に参加。http://hasunooto.blog109.fc2.com/

1st CD 『Leem』発売中(全5曲¥1,200)


CD試聴

 Yoko Takano

Author: Yoko Takano
1.てぃんさぐぬ花 (沖縄民謡)2.Siuil a Run(アイルランド民謡)3.Down by the Sally Gardens ~Toss the Feathers ~Drowsy Maggie ( アイルランド民謡~舞曲)4.銀の笛 (スコットランド民謡 / 訳詞yoko) 5.凛 (詞・曲 / ハシケン)

演奏のご依頼やCD『Leem』のご注文 お問合せはtakanoyoko☆gmail.com(☆→@)又は下のメールフォームからお願いします♪



facebook

恋ぬ花 (沖縄民謡)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。