蓮音日記

~うたと旅のつづれ織り~

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015-12-30 [ Wed ]
今年は例年以上に年の暮れ感が自分の中にないです、、
もう 体内時計は旧暦モードかも笑
まだ今年も一か月ある?と思うと ずいぶん気が楽になりました。

回顧録つづき・・

10月17土 4年前にアイルランドで出会い大阪東京で幾度か共演させて頂いている
妖精丘の吟遊詩人 高畑吉男さん(From東京)と初奈良!
歌と語りの会@Mahaviaさんにて

今年の夏 同時期にアイルランドに二人とも滞在してたけどタイミング合わずでしたが
吉男さん今回現地で仕入れたばかりのホヤホヤの
私が敬愛するアイルランド守護聖人パトリックにまつわるお話も!
いつものことながら 吉男さんのお話に皆さんすっかり魅了され・・
与太話も面白く(私とのかけあいは漫才のようと言われます)笑いが絶えません
よしおよーこマハビア

最後はMahaviaのオーナー裕子さんののクリスタルボウルとトーニング・コラボ♪ヨシオさんはハープで打楽器のように。
お客様も色んな民族楽器を奏でて頂き即興音遊び、ベリーダンサーのお客様も飛び入り出演で楽しい会となりました♪
よしおよーこマハビア2jpg

終演後はよく私達の主宰をして下さってる星タネのチナミッチェルさんも一緒に!
バーテンダー国際大会で世界一になったマスターの『ランプバー』へ♪
奈良ランプバー





10月24土 今度は私が東京へ~2days. 初日は戸越銀座 巨人のシチューハウスさんにて
ハロウィンに先駆けてアイリッシュカルチャーウィークの一環としての『シャナキーナイト』に呼んで頂きました。

ヨシオさんはハープをつま弾きながらおアイルランド語の歌をご披露
さすが毎年帰省?でアイルランドの大学で学ばれてるだけあり本物!
そしてオーナーのアイルランド人のアランさんによるギター弾き語り!
私は三線でアイルランド民謡のShe moved through the fair を歌ったり・・
アランさんが動画を撮ってくださり故郷の家族に送るよ!と、
とても喜んで頂けて、嬉しかったです。


yokokyojin.jpgyoshikyojin.jpgalankyojin.jpg

写真撮り忘れたのですが、、 アランさん特製のアイリッシュシチュー
日本で食べたアイリッシュシチューの中で間違いなく一番美味しかった!

巨人シチューブログ




翌日は国立のギャラリーcafePupuさんでのハロウィンナイトに。
怪しげな3ショット・・笑
pupuさんBlog


第1部はP助ゴスペル隊さんと吉男さんのコラボ♪ピュアなみなさんの感性と歌声が心に響きました。
ゴスペルpスケさん


2部はアイルランドの妖精郷を巡るお話と歌。ヨシオさんハープの伴奏で歌わせてもらったり。
最後はヨシオさんが用意してくれたフレームドラムでハロウィンにちなんだ歌を。
pupuさん2

ハロウィンはケルト暦で大晦日。あちらの世界とのベールが開かれる夜。
彼以外にも目に見えない世界の住人達が集まってこっそりと見守ってくれてた気がします。
妖精

※ヨシオさんとの2016年 関西でのコラボレーション 決まりました 詳細は近日中に♪
  2月6土 15時~ 芦屋 花鏡園  with HarpesCafe さん
  2月7日  15j時~大 阪  星タネ  with チナミッチェル さん



そして10月27月 東京からの帰路途中、名古屋経由で岐阜の東白川村へ、
清流沿いの自然の本当に美しい山あいのの村です。
東白川村景色

東白川村小学校でのミニコンサート。
ピュアでキラキラの瞳の子供たちに元気いっぱいもらいました。
東白川村小学校ライアー


higasirakawamurasanshin.jpg


呼んでくださったのは つちのこ農園 社長の中山健さん。
キャップさん

完全無農薬の野菜!一緒に収穫させて頂きました~お土産たくさんいただきました!
肉厚のジャンボピーマンやプリプリの枝豆が美味しかった!
夏はミニトマトが大人気のようです。

pi-mann.jpg

夜は地元の方々と楽しい宴。清流のせせらぎの音、漆黒の夜空に降ってきそうな星たち、
東白川村の大自然とあたたかな村の人達に癒された うた旅でした。
ありがとうございました!

パート3へつづく


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hasunooto.blog109.fc2.com/tb.php/352-69f43b65

 | HOME | 

2018-04

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

高野陽子(歌、ライアー、三線)

ケルトの国々や沖縄など様々な土地を訪れ、長い時を経て伝わる物語やメッセージを歌い継いでゆく‘旅する歌い人’。在学中よりバンドで歌い始め、1997年頃より演奏活動を始める。これまで数度に渡りアイルランド、スコットランドに長期滞在し伝統的な歌唱法を学ぶ。現地の教会やパブでの演奏も好評を得る。現在は様々な音楽ユニットやライアー(竪琴)や三線の弾き語りソロでも活動中。2010年1stCD「Leem」リリース。2015年関西ケルト/アイリッシュコンピCD「CELTSITTOLKE Vol.4」に参加。http://hasunooto.blog109.fc2.com/

1st CD 『Leem』発売中(全5曲¥1,200)


CD試聴

 Yoko Takano

Author: Yoko Takano
1.てぃんさぐぬ花 (沖縄民謡)2.Siuil a Run(アイルランド民謡)3.Down by the Sally Gardens ~Toss the Feathers ~Drowsy Maggie ( アイルランド民謡~舞曲)4.銀の笛 (スコットランド民謡 / 訳詞yoko) 5.凛 (詞・曲 / ハシケン)

演奏のご依頼やCD『Leem』のご注文 お問合せはtakanoyoko☆gmail.com(☆→@)又は下のメールフォームからお願いします♪



facebook

恋ぬ花 (沖縄民謡)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。