FC2ブログ

蓮音日記

~うたと旅のつづれ織り~

2010-01-24 [ Sun ]
翌朝、ホテルのシャトルバンでレディング空港へ。もう一番乗りに搭乗口へ並びました笑
今度は無事に乗れて 飛び立てました! 
シャスタよ、、 さようなら。。ありがとう~ お山の方角へ向かって思わず合掌。。

サンフランで乗り継ぎ時間を経て いよいよニューメキシコへ!
窓からの景色がだんだんと変化していき 雄大な赤い大地や山々が見えてきた。
わくわくドキドキ、、胸が高鳴る。
未知の場所へと向かう時 背中に翼が生えたような気分になる。

約2時間でニューメキシコの玄関口 アルバカーキへ到着。
スーツケースよ~ あった!よかった~ ちゃんと一晩 保管しててくれました。ほっ。。

空港から出てるシャトルバスを往復予約してサンタフェへ。約1時間の道のり。
乗る前にホテル名を告げると 予約したモーテル Santa Fe Plaza Travelodge前で
ちゃんと降ろしてもらえた。

チェックインを済ませたら日が暮れてきた。一日かけてカリフォルニアの北の端から
メキシコに隣接する州まで移動したので 身体はかなりお疲れモード。でも心は踊っていた♪
そーいえば昨日からろくなもの食べてないなあ。。美味しいもの 食べた~い!
素敵なレストラン探しに街へくり出すことにした。

サンタフェはニューヨークに次ぐアートの街。プラザと呼ばれる中心街の方に歩いていくと
たくさんのギャラリーや美術館、オシャレなお店がいーっぱい。
あさって ゆっくり散策してみよう。

そーいえば しばらく音楽を聴いてないので なんだか無償に恋しくなってきた。
ライブのあるようなレストランないかな~と物色してると、、、
かわいいピンクの土壁の素敵なレストランをを発見。しかも中からラテンっぽい音楽が聴こえてくるよ~!
『The Pink Adobe』 ここに決定♪

サンタフェ地ビールとジプシースープとやらをオーダー。チリが利いててスパイシーで美味しい~!

ジプシースープ

ライブはキューバ音楽だった!演奏レベル高い。本物だ。
ちょうど帰国後は高槻の南風楽天さんでラテンバンドさんとの対バンライブを控えていて すごくタイムリー♪

だんだん盛り上がってきて踊りだす人も。ファンキーに踊り狂う白髪マダムと目が合ってしまう。
怪しい微笑を浮かべながら私の方へ近づいてくる。そしてさりげなく両手をとられてしまい
踊りの輪の中へ連れて行かれた。。サルサやソンとは程遠い 怪しいオリジナルダンスを2人で踊る。
知ってる曲もあって 思わず歌ってしまう♪ あ~ かなり酔っぱらってる、私。
でも 楽しい~嬉しい~!久しぶりの生の音楽♪♪ やっぱり音楽がないと生きていけない私。

musicdance!.jpg
終演後 ミュージシャン達が声をかけてくれた。やっぱり彼等は生粋のキューバ人だった。
陽気でハートフルな人達だった。ここサンタフェは各地からアーティストが集まってくるところ。
『今からスペインレストランでもライブやるから おいでよ~』と。
行きたかったけど もう眠りモードに突入していたので、、断念。
ごめんね~  またどこかで会えるといいな。

ふらふらと千鳥足でホテルへと向かう。
明日はいよいよ タオスへ~

つづく。

スポンサーサイト



コメント

  ファンキーなマダムに目をとめられるとは、yokoさん、音楽に浸ってますv-10オーラ満開だったのですね。
  ことばや人種を越えてつながれる音楽って、やっぱりいいですね。
  黒帽子のおじさんが弾いているのはマンドリン?それともラテンの楽器でしょうか。

manamiさん

こうゆうときダンスできたらいいなあ~ってほんま思いました。
まなみさんがうらやましい~♪

たぶんおじさんの楽器はマンドリンだったように思います。
後はギター コンガ  ギロ(ギザギザの入った瓢箪の打楽器)
という編成だったかな。
音楽やダンスって人とつながれるツールですよね♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hasunooto.blog109.fc2.com/tb.php/76-0e584692

 | HOME | 

2020-08

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

高野陽子(歌、ライアー、三線)

ケルトの国々や沖縄など様々な土地を訪れ、長い時を経て伝わる物語やメッセージを歌い継いでゆく‘旅する歌い人’。在学中よりバンドで歌い始め、1997年頃より演奏活動を始める。これまで数度に渡りアイルランド、スコットランドに長期滞在し伝統的な歌唱法を学ぶ。現地の教会やパブでの演奏も好評を得る。現在は様々な音楽ユニットやライアー(竪琴)や三線の弾き語りソロでも活動中。2010年1stCD「Leem」リリース。2015年関西ケルト/アイリッシュコンピCD「CELTSITTOLKE Vol.4」に参加。http://hasunooto.blog109.fc2.com/

1st CD 『Leem』発売中(全5曲¥1,200)


CD試聴

 Yoko Takano

Author: Yoko Takano
1.てぃんさぐぬ花 (沖縄民謡)2.Siuil a Run(アイルランド民謡)3.Down by the Sally Gardens ~Toss the Feathers ~Drowsy Maggie ( アイルランド民謡~舞曲)4.銀の笛 (スコットランド民謡 / 訳詞yoko) 5.凛 (詞・曲 / ハシケン)

演奏のご依頼やCD『Leem』のご注文 お問合せはtakanoyoko☆gmail.com(☆→@)又は下のメールフォームからお願いします♪



facebook

恋ぬ花 (沖縄民謡)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ブログ内検索